>  >  > 旧日本軍、上官からの“性的”洗礼の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント12
conscription_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 旧日本軍

 わが国とは違い、徴兵制のあるお隣の国・韓国では、その期間中に先輩からの陰湿ないじめや性的虐待を受ける若い新兵たちも少なくない。そうした事件が発覚し、これまでもしばしば大きな社会問題として報じられているが、かつて我が国においても、同様の問題が発生していたことはあまりよく知られていない。

「あれは今思い出しても、身の毛のよだつものです。かく言う私も、そういう洗礼とでも言いましょうかね、習慣を経験した人間の1人ですけども……」

 当時を振り返りそう述懐するのは、かつて大陸方面の戦線に展開中だった部隊に所属していたという元日本軍兵士・山本利根男(仮名・95)さん。山本さんの話によると、彼の所属していた部隊では、新たな兵士たちが配属されるたびに、先輩兵士たちからの「洗礼」に見舞われることとなったという。

conscription.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

「まずね、新兵というのは、配属されると徹底的に上下関係をですね、叩き込まれるんです。隠し事も恥も嘘も絶対に持っちゃいけなくて、逆に上官の言うことは絶対です。笑えと言われて笑えば殴られ、泣けと言われて泣けば蹴られてという具合に、本当に理不尽なことばかりでした。その最たるものが、最初に経験する身体検査なんですよ」

 山本さんの話をまとめると、新しく配属された兵士は、まず上官たちの前で全裸になり、自慰行為をさせられるのだという。その名目は、命の奪い合いをしている場で恥や外聞もなく思う存分任務を果たすため「羞恥心をなくす」ということだというが、その次に行われるのはさらに酷いものであった。

「そんなこと、誰しも人前でやったことなんてありゃしないでしょ。けれども、それを必ずさせられる。人間ね、不思議なもので、そういう目に遭うと、本当になされるがままと言いますかね、考えることもできなくなって、言われるがままなんです。でも、本当に辛い目に遭うのはそこから先。この身体検査の後の話なんです」

コメント

12:匿名2018年3月 7日 19:11 | 返信

ショーネン=美少年とは、旧陸軍の武装用語です。ドイツ語のシェーネ=美しい人がなまった言葉です。(反対に醜男はブスケと言いました)

腐女子やBL漫画・小説を書いている人たちは、こうゆう話題に敏感ですし、従軍経験のあるお年寄りや、各地の戦友会・陸士や陸幼などの軍関係の学校卒業者など、直接取材に行っていろいろな証言を聞いています。右翼も左翼もまずは下の文壇を一読ください。これを読むと、まんざら嘘でないことがわかります。
〇 「軍隊と男色」=昭和20年代のカストリ雑誌に掲載された、元軍人たちの同性愛告白書
〇 井上敏夫「初めて人を殺す」著者の満州従軍記、
ゲイの連隊長が出てきて、新兵を素っ裸にして、自分の部屋に一人一人呼んで、じっくり見てから当番兵=隊長の花嫁を決めるというくだりがあります。著者も上官の前でヌードパレードしたことが書いてあります。結局華奢で色白の戦友が愛人にされてしまう
〇 村上兵衛「桜と剣」著者の陸幼・陸士でのエピソードが満載、陸士在学中、寒い夜自分の体にのしかかってくる同期生の友人の、性器を思わず触って抜いてしまった事が告白してあります。
著者は陸幼時代からの評判の美少年で、卒業後任官後も言い寄ってくる男色家の大佐の話しや、自分の部下には選りすぐった美青年しか置かないという、東条秀樹の娘婿の話しなど、もうほとんどBL漫画のようなエロスティックなお話し満載です。
大杉 栄「自叙伝」名古屋の陸軍幼年学校に入学した当時の回顧録がエロスティックです。
下級生を襲いに夜這いの話が掲載されてます。大杉は女性関係の方が有名ですが、彼はバイセクシャルな方でした。陸幼時代に大杉にレイプされた下級生が確実に複数います。
アマゾンで発売中!!

私自身、いろんな方の従軍記を読んでおりますが、まず共通する事は、
1. 欧米の軍隊と比べると、軍内での同性愛に関しては寛容であった。
公になると、不名誉除隊になってしまうが、陰でやるぶんには大目に見られた。
上官に追い求められて、他の者と三角関係なんてザラにあった。基本的に「男色は風紀を乱す」という理由で、見つかれば営倉となった。(監禁は3日間程度)
2. 旧陸軍には、ショーネン=美少年 という武装用語があり、陸幼・陸士ともに同性愛が盛んだった。上級生が下級生の寝床に襲撃をする、「夜這い」が多数行われた。
旧海軍には、ペギル=アナルセックスという武装用語がある。女性のいない閉鎖的な船の中で長く暮らす海軍はゲイの兵や将校が多かった。

以上、ナチスドイツの時代、同性愛者はユダヤ人同様強制収容所へ入れられていました。
それを考えたら、日本人は偉大な民族だと思います。

11:匿名2016年10月20日 14:02 | 返信

日本さげの記事ばっかやなぁ...

10:匿名2016年10月19日 22:54 | 返信

「修道」と「性的いじめ」を同じものとして語るあたり、この記者の偏見と無知が見て取れる。

9:匿名2016年10月16日 22:05 | 返信

慰安婦=奴隷という捏造を垂れ流す皆さんと同じ思想に基づく宣伝工作ですな。
反日民族さんには残念ですが事実として日本軍は極めて軍規厳正なんですよ。
徴兵後の師団入営直後、つまり内地だろ?
そもそも正規の軍隊には憲兵という組織があってだね、集団淫行なんてやった日には関係者は即座に逮捕更迭ですのでこの記事のような与太話が成立することはあり得ません。
反日民族さんの母国の軍隊、というかハッテン場(笑)と栄光の日本軍は全く別もん。
しかも日本軍が日清日露に勝利したから反日民族さんは支那人でもロシア人でもなく近代人として反日してられるわけで、そこは靖国神社で感謝の土下座をするのが人の道ですな。

8:匿名2016年10月16日 08:25 | 返信

自分が上官の立場でも、新兵にフェラさせるなんて嫌だなあ。そっちの気がないから、男にしゃぶられても萎えるだけ。この洗礼、一体誰得?

7:匿名2016年10月13日 19:52 | 返信

>>2

まあ、インタビューしたという元軍人は実在しないフィクションだろうな。
この記事は中国工作員やそれに同調する輩が書いた、よくあるディスカウント・ジャパン記事だろう。

仮に実在したとして、他の元軍人からこの件について否定されても「あんたの部隊でもあったけれど恥ずかしい話だから今まで話せなかっただけだろ」「恥だと思っているから否定してなかったことにしたいんだろ」という嘘でやりすごそうとするんだろうな。

韓国が従軍慰安婦問題をでっちあげて日本を攻撃したのは、恥ずかしい話題なので日本人は極力無視する=韓国側の言いたい放題にできる、という計算をした上での話。

6:匿名2016年10月12日 22:36 | 返信

真偽のほどは一読者には分からない。
たとえ従軍経験があったとしても舞台によって異なるということもあっただろう。

しかし、最後の衆道のくだりで確信した。これは3流ゴシップ記事にほかならないと。
記事に書く情報の信憑性や裏付けなど一切考慮していない

5:匿名2016年10月12日 13:20 | 返信

韓国軍でやってることを、日本軍もやってたに違いないという半島特有の捏造だと思うよ。
ジングルベル・ジングルベルで新兵いじめは朝鮮人の伝統だからね。

4:匿名2016年10月12日 10:49 | 返信

3:匿名2016年10月12日 10:46 | 返信

嘘だと思う
読ませるためのタイトルをつけて
タイトルつけたからには書かなきゃいけないから
でたらめ書いたというネットならではの記事

2:匿名2016年10月11日 00:13 | 返信

鵜呑みというか創作だよ。

「旧日本軍で新兵いじめが慣習化してたのは事実だし、悪い軍隊なんだから悪く書いたっていいんだ」という著者の思想を感じるよ。

1:匿名2016年10月10日 21:29 | 返信

いんちき臭い証言だと思うよ

かれこれ30年
日本軍陸軍の書物(主に兵隊目線の体験記)を読み漁ってきたけれど
このイジメはありえないです。
フェラチオなんて当時はまったく一般的ではないし
一人ならまだしも、上官全員を抜くなんて
眉唾もの

もちろん、美男子の新兵や下級将校は
上官からもてたというから、極々一部では男色はあったでしょう
いじめという形ではなく

こんな吉田証言みたいな話を
鵜呑みにしては記者失格

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。