>  > ワクチン接種を拒否する韓国ママ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

wakuchinxs.jpg
イメージ画像(Thinkstockより)

【日刊サイゾーより】

 韓国で、“自然派育児”がはやっているという。これは、人工的なものを排除し、なるべく自然に近い状態で子どもを育てる育児方法だ。

 プラスチックや化学物質の代わりにオーガニック製品、有機野菜などを子どもに与えたいという気持ちは、親としてはわからなくはない。ところが、自然を求めすぎるあまり、子どもの健康に必要な最低限のワクチンすら与えない親も急増している。

 それを物語るのが、“自然派ママ”たちが開催する「水ぼうそうパーティー」だろう。これは、水ぼうそうにかかった子どもを自宅に招待して、意図的に自分の子どもにも感染させようとするものだ。このパーティーを開くため、わざわざ感染した子を探し回るママたちもいるというからあきれる。

 水ぼうそうは、発疹や水ぶくれが出現する急性ウイルス感染症。ただし、1回の予防接種だけでも60~70%の効果を得られるといわれている。水ぼうそうの予防接種を必須としている韓国では、その費用も1,000円程度と手軽だ。

 それなのに、予防接種どころかわざわざ感染させようとする自然派ママたちは、子どもの免疫力だけで病気と戦わせるべく、頑なに拒んでいる。保健所から予防接種の案内電話がかかってくると、「うちの子はアトピーがひどいから受けられない」などと言い訳して、逃れているそうだ。

 また、「予防接種の副作用で、発達障害や自閉症になる可能性がある」「少しでも幼いうちにかかっておくといい」といった出所不明の情報もシェアされており、それを信じ込んだ親の中には、水ぼうそうに限らず、すべての予防接種をやめた人もいるという。

 自然派ママの増加は、数字に表れている。2012年の資料を見ると、必須予防接種を1回以上欠かした乳幼児は15%に上り、水ぼうそう感染者は06年の1万2,027件から15年4万6,330件と、4倍近くにまで増加した。

 さらに悪いことに、「ワクチン=人口調節プロジェクト」というデマまで広まっている。増えすぎた人口を抑えるために、ワクチンによってその数を調整しているというのだ。少子化が進んでいる韓国の現状を考えるとバカげているとしか言いようがないが、こういったデマが出回るほど、ワクチンに対する根深いは深いのだ。

 ちなみに、昨年「水ぼうそうパーティー」が流行して患者が急増したオーストラリアのクイーンズランド州では、「水ぼうそうパーティーは間違った情報で子どもを苦しめる危険な行為」と見なし、現在は条例により禁じられている。

 韓国で増加している自然派育児。被害を受けるのが子どもなだけに、看過できる問題ではない。自然派ママたちが“何事も適度が大切”と気づく日は来るのだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。