• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

michelin-1.jpg
「泰安門」の入り口は、すでに閉鎖されている

【日刊サイゾーより】

 9月21日、世界各地のレストランを格付けする「ミシュランガイド」が、ついに上海にも登場した。今回出版された『ミシュランガイド上海2017』では、星が付けられたレストランは、3つ星が1軒、2つ星が7軒、1つ星が18軒で、合計で26軒となっている。

 昨年12月に発表された東京版『ミシュランガイド東京2016』の、3つ星が13軒、2つ星が51軒、1つ星が153軒の合計217軒には比ぶべくもないが、これを機会に、上海のレストランの質が上がってくることも期待されている。

 ……と思っていたら、今回1つ星に選ばれた西洋レストラン「泰安門」が、星獲得からたった1日で営業停止となる事態が発生した。今年4月にオープンしたばかりのこの店、なんと正式な営業許可証を取らないままオープンしていたレストランだったのである。そのため、中国では「史上最短命のミシュラン1つ星レストラン」として大きくニュースで取り上げられている。

michelin-2.jpg
「泰安門」の店内には、カウンター席が20人分と、テーブル席が8人分あるという
michelin-3.jpg
さすがミシュランが選ぶ西洋レストランだけあって、前菜も凝っている?

 シェフはドイツ人のStefan Stiller氏で、これまでドイツのミシュラン星獲得店で修業し、2004年に上海へ。同地の有名レストランでシェフを務めた後、泰安門をオープンさせたようだ。料理はおまかせで、14種類の料理が出る1,288元(約2万円)のコースと、10種類の料理が出る988元(約1万5,000円)のコースの2種類となっている。

 ところが、オープン早々、キッチン内の換気扇が壊れ、一時休業に。カウンターの前で料理を作るオープンキッチン式だったこともあり、その後も店内には煙の匂いが立ち込めていたという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。