• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

――人を殺した人と会う。死刑囚の実像に迫るシリーズ【13】

 作家の瀬戸内寂聴(94)が日本弁護士連合会のシンポジウムに寄せたビデオメッセージで「殺したがるバカどもと戦ってください」と死刑制度を批判し、犯罪被害者らを激怒させた一件は日弁連が謝罪する事態となった。たしかに配慮を欠いた発言だった感は否めないが、実際には死刑囚の中にも犯罪被害者的な側面を持つ者もいる。これまでに筆者が取材した中では、2010年に長野市で起きた会社経営者一家殺害事件の「首謀者」伊藤和史(37)がそうだった。

■長野一家殺害事件とは?

itoukazufumi.jpg
伊藤和史/ANNより


416万円のため3人絞殺[長野一家殺害事件]

 今年4月、最高裁は伊藤の上告を棄却し、2011年に長野地裁が宣告した死刑判決を確定させた。確定判決によると、長野市のリフォーム会社の社員だった伊藤は10年3月24日、仕事を通じて知り合った松原智浩(45)や池田薫(40)、斎田秀樹(57)と共謀し、勤務先の経営者・北村博史(仮名、享年62)とその長男・礼司(仮名、同30)、礼司の内妻・香田葉子(仮名、同26)をいずれもロープで首を絞めて殺害。現金約 416万円を奪うと、3 人の遺体をトラックで愛知県西尾市の資材置き場に運び、土中に埋めて遺棄したとされている。

すでに3人の共犯者も松原は死刑、池田は無期懲役、斎田は懲役18 年がそれぞれ確定したが、伊藤は犯行の「言い出しっぺ」だったことなどから「首謀者」と認定された。筆者がこの伊藤と初めて面会したのは一昨年の秋のこと。一家3人の命を奪った首謀者がどんな人物か確かめたく、東京拘置所まで訪ねたのだ。


■親しみやすい雰囲気の殺人犯と文通

「はじめまして。寒い中、わざわざありがとうございます」

 スウェット姿で面会室に現れた伊藤は思ったより若く、殺人犯らしからぬクリッとした瞳をしていた。こんな言い方は少々ためらいを覚えるが、初対面の時からいかにも親しみやすい雰囲気を漂わせた男だった。

 以来1年数カ月、筆者は伊藤と面会や手紙のやりとりを重ねたが、伊藤は第一印象の通り気さくな性格で、何でも率直に話す人物だった。出身は大阪で、中学時代は吹奏楽部。中学卒業後、高校はどこも受からずに専修学校へ進んだが、勉強についていけずに中退。その後はコックやゴミ回収員、風俗店従業員として働いた。サッカーやビリヤードなど趣味が多く、花も好きなのだという。

 ただ、事件のことは当初、話しづらそうだった。

今思えば、他に何かあったように思うんです。でも、あの時はああするしか思いつかなくて・・・

 取材を進めるうち、伊藤が事件のことは話しにくい事情は理解できた。この事件は加害者と被害者の関係が特異なのだ。

関連キーワード

コメント

7:匿名2017年1月11日 23:33 | 返信

警察は朝鮮人を野放しにして強要・暴行を放置していたことをこの人に謝罪したのか?
朝鮮人が犯罪を繰り返していなければこの被害者の方々は手を汚すことはなかった。

物事の因果関係ができない高木順子・井上弘通・大橋正春に裁判官の職を与えるのは不適当だ
高木順子・井上弘通・大橋正春の家族は喜んで朝鮮人の奴隷になるのだろう

6:匿名2016年11月14日 10:41 | 返信

死刑廃止などとんでもないが、このひとに再犯の可能性があるだろうか?更正の可能性皆無だろうか?
たしかに何人も殺したがそのすべてがただの加害者だよね。

5:匿名2016年10月10日 16:49 | 返信

死刑廃止は反対だけど、この事件や東大阪の小林竜司死刑囚なんかは被害者側にも落ち度がある、情状酌量されても良い事案だよ

4:匿名2016年10月10日 07:37 | 返信

完全に情状酌量だろ。
最近の司法も、取り締まる奴らも、かなり過剰な事してると思うよ。
日の丸が親方だと凄いよな(笑)

3:匿名2016年10月10日 00:49 | 返信

金文夫?在日じゃん。伊藤を無罪にしろよ

2:匿名2016年10月 8日 23:20 | 返信

本当なら酷い話だ。

1:匿名2016年10月 8日 20:11 | 返信

逃げるためにそうするしかないと思ったことで、結局実行しても罪に問われ死ぬまで自由はない、やるせないけど家族がいるなら安くても定職について地道に生きてればよかったのにもったいないねとも思う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。