>  >  > 火星のUFO画像をガチ分析してわかった真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

NASA

,

UFO

,

キュリオシティ

,

北島弘

,

火星

 2016年9月6日現在、35万461枚もの膨大な宇宙の画像がNASAにライブラリーとして蓄積されている。さすがに全ては調べ尽くせないが、その中のいくつかの火星の画像に不思議なものが写っていることが確認できた。

 膨大な火星の画像の中から、選択した条件は“火星の空”と“火星の地上”と“火星探査車の一部”ができるだけ同時に写っているものとした。なぜなら、この条件が整っている画像がもっとも加工や編集が難しいと思われるからだ(もちろんNASAを疑っているわけではまったくない)。今回はそれらの画像から探し出した“不思議な物体”を紹介したい。


■キュリオシティが撮影したもの

 これらの画像は、米航空宇宙局(NASA)の火星無人探査車「キュリオシティ(Curiosity)」が撮影したものだ。正式な名前をマーズ・サイエンス・ラボラトリー「キュリオシティ」、Mars Science Laboratory(MSL)Curiosityという。

 NASAによって2011年11月に打ち上げられた無人火星探査車の愛称で、2012年8月に火星に着陸し、すでに4年が経過している。地球から遠く離れた乾いた火星の地上を4年間もの間走り回り、我々人類のために頑張ってくれている。なんとも健気ではないか。

nasalibrary1.JPG
NASAの火星探査車・キュリオシティがシャープ山で自撮りした画像。火星日1615日の、2015年8月5日に撮影された 画像は「NASA」より

 冬は、なんと摂氏マイナス125度、夏でも夜は摂氏マイナス100度にもなる、なんでもカチンコチンになる極寒の世界で4年が経つ。ひとりぼっちで頑張っている姿がカワイイ。時々遠くの地球にいるNASAの“おともだち”と、お話はしているみたいだけど、きっと寂しいことだろう。


■あってはならない不思議なもの!?

 それはさておき、キュリオシティには17個のカメラが搭載されており、それらが撮影した画像に不思議なものが写っていたのだ。実はさまざまなオーパーツと呼べるようなものも地表には写っているのだが、今回は“空中の物体”に焦点を当ててみた。

関連キーワード

NASA
UFO

コメント

6:匿名2017年10月28日 22:43 | 返信

ワロケルわ
3ページ目の2枚の写真、元画像をブラウザ上でそれぞれ別タブとして開いてタブ切り替えて見比べるとUFOとやらの点、その左、下の黒い靄みたいなのも全く同じ位置
完璧にレンズの汚れやがな
画像加工とかの前にまずそこを疑えよ
完全にオカルト脳やな

5:匿名2016年10月20日 11:18 | 返信

火星に行って探査機のカメラレンズをブロワーでシュッシュッと吹いて
不織布でゴシゴシ拭いてあげれば、多分UFOは写らなくなると思うよw

4:匿名2016年10月19日 20:47 | 返信

火星に球体? で? だからなに?w

3:匿名2016年10月19日 01:04 | 返信

エンボス加工しといて
球体状の、もへったくれも無いだろ。

2:匿名2016年10月18日 12:22 | 返信

数時間後に写っていた同じ団子UFOが、形も大きさも傾きも同じということは、レンズに付着してるものだと思います。

1:匿名2016年10月17日 18:51 | 返信

最後に検証してるのがいいね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。