>  >  > 奇習! 南米の日系人社会に残るゲロ飲み結婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
gero_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 南米

 いわゆる大航海時代にその支配圏および交易圏を急速に拡大した西欧諸国は、世界各地に自国の文化を持ち込み、それが後に現地の人々によって定着したり、また時として何とも摩訶不思議な形で発展しつつ、幾世代にもわたって語り継がれる現象を生むこととなった。しかし実は、我が国にもそうした「輸出された習慣」というのは、思いのほか数多く存在している。その習慣の1つが、一部の日系移民によって中南米各地に伝わったという「ゲロ飲み婚礼」の儀式だ。

「新婦、新郎は、吐しゃ物を飲みます。愛の契りです。そういう儀式。難しいことないです、すべては愛のため」

 今回、その貴重な来日期間中に多忙なスケジュールを縫う形で我々の取材に応じてくれたのは、現在、ブラジルやペルーといった南米諸国と、日本との間で主に電化製品の貿易を手がけているという日系移民3世のカズ・ロベルト・ワタナベさん(仮名・63)。カズさんの話によると、彼が生まれ育ったブラジル南部のとある地域を含め、中南米諸国の一部地域では、日本発祥だというその不可思議な習慣が今なお続いているという。

「入れ物に吐く。酒を飲んで吐く。集めて、飲む。それだけね。みんなやった。私もやった。だから今でも奥さん優しい。愛してる」

 結婚が決まった若い男女は、まずその挙式の際に日本で言うところの「どぶろく」のような濁り酒をしこたま飲み、泥酔状態にさせられるという。その上で、悪酔いした状態でゲロを吐かせられ、それを素焼きの土器である「かわらけ」のよなものに注ぎ入れる。そして、シャーマン的な役割を担う古老の前へと連れ出されると、そのお互いが吐いたゲロを交換し、一気に飲み干すのだという。

「儀式は3日前はじまる。3日ずっと、村の人、集まって、酒を飲ます。結婚する人に。歌も歌う。お祈りする。気持ち悪くなると吐く。吐いても飲む。それ繰り返す。吐いたやつを儀式の日に飲む。2人、愛を誓います」

コメント

3:匿名2016年10月21日 12:06 | 返信

南米出身の者です
この記事に書いてあることは事実ではありません
一体どこの頭のおかしな人がそんなことするんですか
書くなら嘘は書かないでください
結婚式に儀式なんてありませんし、普通の式です
デタラメは書かないでください

2:匿名2016年10月17日 20:41 | 返信

アホくさ

1:匿名2016年10月15日 23:13 | 返信

きもすぎw2階から落とさないでね。精神科患者のブラジルさん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。