• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

奇習

,

愛撫

,

戸叶和男

,

日本奇習紀行

,

水葬

,

,

漁師

,

TheLastPetting.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 紀伊半島

 人は死ぬ。必ず死ぬ。絶対死ぬ。死は避けられない――かつて、地下鉄サリン事件などで世人を恐怖に陥れたオウム真理教の教祖・麻原彰晃は、同教団の洗脳ビデオである『バルドーの導き』の中で、そのようなナレーションを入れていたが、とかく人というのは、それが当たり前のことであるとわかっていても、「いつか必ず死ぬ」ということについてさほどリアリティを感じなかったり、感じていたとしても逆に「見なかったこと」にしてしまいがちだ。

 しかし、自分自身はともかく、それが最愛の人の死となると、否が応でも直視せざるを得ない。特に、その臨終から葬儀へと至るプロセスは、その人物の「死」を、あまりにも生々しく体感させられるものである。それゆえ、古今東西、実にさまざまな文化・文明において、「葬儀」という儀式は、多くの不思議な習慣や行為を伴うものであることがほとんどである。

「そうだねえ、今じゃとても大っぴらにできたことじゃないし、とてもできやしないことだと思うんだけどね……。それこそ私らなんかが子どもの頃までは、当たり前のようにやってたことなんだよ」

 自らがかつて垣間見たという、その奇妙な葬儀についてこう語るのは、紀伊半島のとある海沿いの地域で生まれ育ったという、槌谷敬三さん(仮名・81)。槌谷さんの話によると、彼が暮らした小さな漁師町では、女性が死ぬと、なんともおかしな形でその死を悼む習慣があったのだという。

「あのあたりじゃね、女がね、死ぬと、まず船の上で裸にしてみんなで拝むの。あのあたりじゃ、男たちは大抵が漁師だからね、自分の船を持っているから、たとえば嫁さんが死ねば、その旦那の船でそれをやることになる」

 夫や父親など身内の男性が持つ船の上で裸にされた女性の遺体は、船が港から沖に出るまでそのままにされ、その間、すぐ近くを併走するように進む船にいる僧が、彼女のために読経を続けるという。そして、船が沖のスポットへと辿り着くと一度船を止め、僧の読経が終わる頃合を見て、遺体を運ぶ船を動かす男が服を脱ぐ。そして、裸の遺体を裸で抱くのだという。

関連キーワード

コメント

4:匿名2016年10月18日 00:55 | 返信

和歌山出身だけどこんな話聞いたこともないよwww

3:匿名2016年10月17日 20:45 | 返信

>読者諸兄は如何思われるだろうか。

毎回、デタラメな文章で原稿料もらえていいっすね。

2:匿名2016年10月16日 22:50 | 返信

最後に相応しい。
火葬より荘厳を感じる。
静かな朝もやの中、水面を行く船。
妻を送る男。
冷たい亡骸を男は裸で抱きしめる。
そして母なる海に愛する人を送り出す。
人の価値観は、時代で移り行くけれど亡くなった方への愛を感じる、そして、今を考えさせられる風習ですね。
なんだか今は表面だけで否定して、その中にある本質を見る目が失われつつあるようで考えさせられました。

1:匿名2016年10月16日 21:38 | 返信

なんでもかんでも「おおらかな時代」で済まされる話じゃないですよ(笑)

裸にして愛撫とか、海に死体を投げ入れるなんてのもありえないでしょう(笑)冒涜でしょう。

郷土に詳しい人に取材したんだったら、それらの資料も提示して地域や時代を明確に記載すべき。そうじゃなきゃウソくさい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。