• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 世界中の怪異談で語り継がれる幽霊船。日本でも古くから目撃されており、葛飾北斎の浮世絵にもその姿が描かれている。その多くは夜に出現するとされているが、今回はなんと、「超巨大幽霊船」が“白昼堂々”出現したというのだ。


■幽霊船か、キリストか?

 問題の幽霊船が出現したのは、米ミシガン州スペリオル湖。英紙「Daily Mail」によると、ミュージックビデオの撮影のため同地を訪れていた米国人ジェイソン・アスラン氏が10月8日に発見、撮影に成功したそうだ。撮影した動画をYouTubeに投稿すると、たちまち再生回数90万回を突破するほどの話題となり、複数の海外メディアも大きな関心を示しているという。

 それでは、早速映像をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用
ghostship_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 映像からもその大きさがしっかりと確認できるが、アスラン氏によると、この映像を撮るためにカメラを200倍までズームする必要があったという。岸からかなり離れた地点にあったとすれば、実物は見かけよりも更に巨大だった可能性がある。一体この物体は何なのだろうか?

 米グレートレイク難破船博物館によると、スペリオル湖ではこれまで6千隻もの船が沈没、3万人もの犠牲者が出ているという。今回出現した幽霊船も、かつてスペリオル湖で沈没した船だろうか…?

 英紙「Express」によると、動画を見た視聴者の中には幽霊船ではなくイエス・キリストの降臨だと解釈する人もいるようだ。言われてみれば確かに、人間が杖を持って歩いているように見えなくもない。それでも、これがキリストであると断定することはそう容易ではないだろう。それに、水上に出現するならば、杖を振りかざして紅海を割った預言者モーセの方が適していると思うが……。

ghostship_03.jpg
モーセ「The Wall Street Journal」より引用

 ユーチューブユーザーからは、「ファタ・モルガーナ」という蜃気楼の一種に過ぎないとの反論も多数寄せられている。ファタ・モルガーナは上位蜃気楼と呼ばれ、元となる物体の上方に蜃気楼が発生するため、水平線の下に隠れて見えない物体が現れることがあるという。今回の場合、撮影場所から約14キロメートル(9マイル)北にある灯台が移しだされたのではないかと見られているようだ。

コメント

3:匿名2016年10月22日 11:34 | 返信

いちいちBOKETEする気力なくなったなあ

2:匿名2016年10月15日 13:58 | 返信

ただの蜃気楼って事。

1:匿名2016年10月14日 12:17 | 返信

蜃気楼を否定する珍説をスコットだけの責任にしてるのはズルイぞ
TOCANAはスコットと距離をとり始めてるみたいだ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。