>  > 中国「便器崩壊」で血の海に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

ctoilet-1
トイレでの禁止事項を描いた中国のポスター。もちろん、これはジョークなのだが……

【日刊サイゾーより】

 中国東部の江蘇省で今月4日、23歳の男性がいつものように自宅トイレの便器に座ったところ、いきなり崩壊。男性は下半身に大ケガを負い、トイレの床は一面、血の海になったという。いったい、便器に何が起こったというのだろうか?

 この男性、大きいほうをする際は、便座に座るのではなく、便座を上げて、便器の縁に両足で乗っかり、しゃがんで用を足すのが常だったという。つまり、西洋式の便器を和式トイレのようにして使っていたわけだ。

ctoilet-2
見事に崩壊している便器。よく見ると、割れた部分が非常に薄いのがわかる

 中国事情に詳しいライターの吉井透氏は、同国のトイレについて、こう説明する。

「ニーハオ・トイレは有名ですが、さすがに都市部の公衆トイレではもうほとんど見かけません。しかし、中国人には公共施設をきれいに使うという概念がないため、公衆トイレは非常に汚い。便器の便座などは汚れっぱなしなので、人民たちは直接お尻が触れないよう、座らずに便器の縁に乗っかって用を足すしかない。この男性は、その習慣で、家でも同じようにしていたのでしょう」

 乗っかっていた便器が崩壊したものだから、無防備な下半身には便器の破片が突き刺さり、この男性は臀部に約20センチもの裂傷を負い、大出血。すぐに病院に運ばれ、1時間に及ぶ縫合手術を受けた。医師の話によると、あと数センチずれていたら、傷が動脈にまで達し、命を失う危険性もあったという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。