>  > 韓国福祉施設で129人が相次いで死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
kibouin.jpg
SBSより

【日刊サイゾーより】

 横浜市神奈川区の大口病院で、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した事件が注目を集めているが、韓国では、大邱広域市立希望院(以下、希望院)という福祉施設の数々の悪行が暴かれつつある。

 希望院はホームレス、統合失調症患者、障害者などを収容する、キリスト教カトリック系の福祉施設だ。そもそも、大邱市が1958年にホームレス福祉施設として設立し、80年からはカトリック大邱大教区が市から委託を受けて運営している。

 現在はリハビリ・介護施設、精神療養施設、肢体障害者居住施設などを備え、計1,150人を収容できるほどの規模となっている。なお希望院は、2014年まで6年連続で国から優秀福祉施設として選ばれており、06年には最優秀社会福祉施設として大統領賞まで受賞している。ただ、ここ数年、同施設内では入居者の不審死が頻発。過去2年8カ月の間に、収容者の10%に達する129人が次々と死亡した。

 今回、韓国のテレビ局SBSのルポ番組が、希望院の実態を独自に調査。その内部事情を告発した。番組は、希望院に入所していた男性に接触。男性からは、次のような証言が飛び出している。

「(ある部屋で)体を綱でくくられ、3日間くらい殴られ続けた。気絶すると起こされ、また殴られた。(中略)多い日では、1日に3人くらいが死んだ。1週間に5人程度は死んでいたと思う。(中略)死んでも、遺体はすぐに片付けられなかった。3~4日経過すると、遺体が傷む。ねずみに目を食べられていた遺体もあった」

 男性の証言によれば、希望院では入所者に対して日常的に監禁や暴行が行われていたという。また、障害者をスタッフの自宅に連れて行き、掃除や皿洗い、洗濯など家事に従事させていたという事実も語られた。さらに二重帳簿を作り、政府や市の助成金を着服していた疑いも浮上している。社会的弱者を保護するという名目の裏で、死亡者が出るほどの虐待や人権蹂躙が行われていたというわけだ。

 現在、希望院に対して社会的な批判が殺到。国政監査(韓国国会での審問)でも、希望院の問題が取り扱われることが決定している。

 希望院側は「事実ではない部分と誇張された内容がほとんどで、少数の関係者による情報提供をもとに作られたもの」と釈明。「偏向した内容について残念に思う。真実を明らかにする」と主張している。

 過去に韓国では、兄弟福祉院事件が起きている。同院もホームレス収容施設だったのだが、内部では暴行や労働力搾取が横行。75~87年の12年間で、510名が死亡した。今回の希望院での不審死は、“第二の兄弟福祉院事件”になるのではないかと、危惧され始めている。
(文=河鐘基)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。