>  > 「ドローン宅配」南北の架け橋に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

北朝鮮

,

日刊サイゾー

,

韓国

drane1014.jpg

【日刊サイゾーより】

“ドローン”が、韓国と北朝鮮の架け橋になっているという。

「朝鮮日報」が報じたところによると、最近、韓国映画やドラマの入ったUSB・SDカードを乗せたドローンが、北朝鮮人民の家を訪ねているそうだ。

“ドローン宅配”を行っているのは、ジョン・グァンイルさん(54)。彼は2000~03年まで北朝鮮の政治犯収容所に収監され、04年に韓国へ渡った脱北者である。韓国で生活するようになってからは、人権運動家として、北朝鮮国内に世界の情報を届ける活動をしてきた。

 そんなジョンさんがドローン宅配を始めるようになったのは、北朝鮮当局の国境監視強化によって、人を使って情報を送り込むことが難しくなったからだ。「金正恩体制に替わった後、北朝鮮に人を忍び込ませる費用が、数百~1,000万ウォン(数十万~約100万円)にまで暴騰している。だったら、人よりドローンを活用したほうがいいと判断した」という。

 ドローン配送で送っているのは、韓国映画・ドラマをはじめ、脱北者の韓国での生活やアメリカの大統領選挙戦の動画、国連の北朝鮮人権決議案などが入ったUSB・SDカードと、それを視聴できるタブレット・スマホ。1台のドローンに、約2キログラムまで搭載できるそうだ。

 それを受け取った北朝鮮の若者たちは、つかの間の娯楽を楽しみ、USBやSDカードを闇市場に売り出して小銭も稼ぐという。

「最近は、映画『仁川上陸作戦』が人気。また、“新しい韓国映画や海外映画を送ってほしい”と注文を受けることもある」と、ジョンさん。

『仁川上陸作戦』とは、朝鮮戦争中に北朝鮮軍が韓国の地域をほとんど占領した中、国連軍が仁川(インチョン)に上陸し、ソウルを奪還した歴史上の戦闘を描く映画で、韓国では観客動員数700万人を記録している。

 そんな映画が北朝鮮人民に人気だというのは、少し皮肉な気もするが、とにかく同じ歴史を共有することに意味があるのだろう。

 ジョンさんは、「北朝鮮当局の取り締まりが強化されるほど、外部の情報に対する人民たちの好奇心は膨らむ」という。彼はアメリカ合衆国国連大使のサマンサ・パワー氏にもドローンを活用して情報を送り込むことのメリットをアピールし、「ドローン配送を積極的に支援する」との約束をもらった。

 当面は活躍が期待できそうなドローン配送。ドローンが朝鮮半島に平和をもたらしてくれるか、注目が集まる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。