>  > 見たら恐怖のグミ工場動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 グミ――可愛らしい形と色で人気のお菓子だ。味よりもあのぷにゅぷにゅとした食感に惹かれる人も多いだろう。しかし、あの愛くるしいグミは、いったい何から作られているのだろう?


■グミのドキュメンタリー・フィルム

 下記のドキュメンタリー・フィルムは写真家/ジャーナリストのアリーナ・ニプケンスさんが「Over Eten(食べ物について私たちが知っていること)」というベルギーのテレビ番組用に撮影したものである。

Gelatin - The Real Story 動画は「YouTube」より

 ニプケンスさんは、「この『ゼラチン』のフィルムは、きれいに包装されたグミからはじまり、生きている豚の姿で終わります。製造工程を逆回しで作ることで、グミの本当の材料がよくわかるのではないでしょうか」とインタビューに答える。ニプケンスさんは、大小の屠殺場を相当数見て回り、目をみはったと話す。「グミは砂糖からできたキャンディだと思っている人がほとんどです。でも実際は、豚皮からできているのです


■グミの成分

 グミの成分は「ゼラチン、砂糖、香料、その他添加物」とパッケージに書かれている。さらっと「ゼラチン」と書かれているが、実はゼラチンは北米とヨーロッパでは豚皮、南米では牛皮、日本とインドでは牛の骨や魚のうろこを原料に作られている(昔は鯨もゼラチンの原料だったとのこと)。

overeten1.JPG
Collective Evolution」の記事より

 このフィルムに出てくるように豚皮から作るゼラチンは、ブタの死体を逆さづりにして火をつけ、皮膚を溶かして除去し、その煮詰まった成分を使う。また豚の腱、靭帯、骨も煮詰めることで臭みがなくなり、ゼラチンに配合される。またそれらの物質はコーラやマシュマロにも使われる。牛の骨の場合は、牛の骨を粉砕し、その後さまざまな薬品を使い精製し「ゼラチン」として製品化されるらしい。

関連キーワード

コメント

4:匿名動画 逆再生2016年12月 6日 18:14 | 返信

情報ありがとうございます!( ´ ▽ ` )ノ
ちなみに上記の方法と大体同じようなソフトが別のサイトで見つかりました。
一応そのページを貼り付けます

http://www.video-converter.jp/video-editor-tips/play-videos-backwards.html

3:匿名2016年11月14日 16:39 | 返信

コラーゲンたっぷりで肌によさそう

2:匿名2016年10月23日 15:52 | 返信

ゼラチンの原料より
将来ガンになりそうな着色料と香料のほうがエグい

1:匿名2016年10月23日 15:08 | 返信

もうグミは買わん

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。