>  > 【極秘】社名掲載を禁じる「謎の競馬予想サイト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

競馬

keiba1020.jpg


■『競馬は儲かる』を証明した事件

 実にけしからんニュースだった。Yahoo!のトップニュースにも掲載されたほどだから目にした人も多かったと思うが、大阪国税局が告発した、寝屋川市職員の男性が馬券で4億3000万円の払戻を受けながら、約6200万円の所得税を脱税した事件だ。

 市の職員という立場でありながら国民の義務である納税を怠ったのはあるまじき行為だが、それ以上に馬券で4億3000万円を手にした事実が全国の競馬ファンを驚かせた。しかも、払戻金の中には、JRAが指定する5レースの1着馬をすべて当てる「WIN5」で12年に的中させた約5600万円や、14年に的中させた当時最高の2億3253万1180円の払戻金が含まれていたというのだから、恐るべし話。つまり、この事件は競馬のプロやベテランでなく、市の職員が片手間で買うようなやり方であっても容易に馬券で儲けることを証明してしまったのである。

 そもそもこういった馬券で儲けるという話は定期的にニュースになる。総額30億円以上の払戻金をめぐる馬券裁判は有名だ。ほかにも、北海道の公務員が78億4000万円の払戻を得た話も話題になった。事実、現在進行中の馬券裁判の中にも、いくつか高額払戻金をめぐるものがあるようだ。これが他のギャンブルだったらこうも高額な払戻金額にはならない。やはり競馬はギャンブルの中でも異質な「儲かる」ジャンルといえるだろう。


■競馬初心者でも億万長者になれる!

ThinkstockPhotos-513685958.jpg
画像は、Thinkstockより

 しかし、残念ながら競馬で確実に儲かるという必勝法は表向きには存在しない。前述の職員は「何かを参考にして」馬券を買ったのが運良く当たったような話だし、30億円の払戻を得た一般人も独自の「予想プログラム」を運用してのものだったという。

 とはいえ、競馬には確実に「答え(的中)」があり、過去を見ても全員不的中というのはほとんどあり得ない。つまり、誰かは的中を手にしているのだ。そして、競馬は競馬歴1日目の超初心者であっても、競馬歴40年のベテランであっても条件は同じ。

 もし、あなたが全くの競馬初心者であっても、前述の職員のように自分の力で予想をせず、「何か」を利用して馬券を買うだけで、もしかしたら何億円という人生を変える払戻を手にできるのかもしれない

 問題はその「何か」を見つけることだが、今回、様々な競馬情報をリサーチしたところ、初心者競馬ファンにも玄人競馬ファンにもうってつけの会社を見つけた。この会社は「関係者しか知らない競馬情報」をファンに提供しており、多くのユーザーが美味しい思いをしているとのこと。ここでは“社名を載せないこと”を条件にインタビューに応じてくれたので、その記事を紹介したい。


■マスコミが提供するのはほんの一部

ThinkstockPhotos-578286050.jpg
画像は、Thinkstockより

――馬券を的中させるのに競馬情報の効果はどれほどあるのですか?

担当者 例えば一般競馬ファンが参考にするスポーツ紙や競馬専門誌は、全ての情報やデータを掲載しているわけではありません。また、JRAも全ての情報を公開しているわけではありません。たとえば、馬具についての情報もそうです。最近になってJRAは「ブリンカー(馬の視野を制限するための馬具)」着用の有無を発表するようになりましたが、馬の顔に装着する「チークピーシーズ」「パシュファイアー」や、騎手が馬をコントロールする「ハミ」、脚元の状態を窺い知れる「蹄鉄」などはレース結果に直結する重要な要素にも関わらず、JRAから正式発表がなく、そして、通常のマスコミもそれを把握していません。

 これらの要素は現場の関係者と密接なコンタクトを取っている者しか分かりません。また、マスコミにはオフレコとなっている場合も多く、競馬新聞を元に馬券を購入している一般の競馬ファンは、非常に狭い視野で馬券検討をしていることになりますから、内部の情報を知らずに馬券を買って外している競馬ファンは多くいると思います。

 これでは馬券的中の喜びが少なくなるのも当然。そしてもう1つ重要なのが「時間」です。専門紙、スポーツ紙は締切の関係で「◎・○・▲」などの印が打たれるのはレースのかなり前。当社では開催競馬場、そして、レース当日も東西のトレーニングセンターに情報筋が張り付いて直前の状態をしっかりと把握しています。これぞまさにナマの情報という訳です。そして、一般には知られていない、いや知らされない情報を独自のルートで掴み、会員の皆様だけにそっとお伝えしています。


――実際会員さんはどれくらい儲かっているのですか?

サイト担当者 当社では中尾謙太郎元JRA調教師を中心に、元JRA騎手、馬主関係者、現役トラックマン(競馬記者)など、各方面の達人が関係者の本音を聞き出し、普段から6割、7割、8割と高い的中率を記録。秋競馬に入っても万馬券的中を連発しています。

 中でも提供人数を制限しなければならない「特別な情報」は、通常の情報よりも更に精度が高いことを、毎週、多くの会員様に結果で証明しています。

 10月8~10日の目玉情報は1万2940円の万馬券的中を含む2戦2勝のパーフェクト的中。また10月1~2日の目玉情報は2万1170円の万馬券を的中、他にも重賞など多くのレースで的中をお届けしており、一度聞けば病みつきになるでしょう。


――週末の天皇賞はどんな展望ですか?

サイト担当者 マスコミは、海外のG1レースを勝利したモーリスとエイシンヒカリの2強と騒ぎ立てるかもしれませんが、今年の天皇賞はそんな単純なレースではありません。

 特にエイシンヒカリに関しては、昨年末の香港から出走レースがすべて海外であるため、国内組との比較をレーティングを通して行うわけですが、そもそもレーティングはヨーロッパのレースで上位に入れば高くなるようになっています。ハッキリ言ってアテにならないんです。

 また、「毎日王冠」レースへの出場を回避したリアルスティールや、「外厩」というブラックボックスでのみ調整されるルージュバックなど、表には出ない情報がなければ取捨が難しい馬もいることから、スポーツ紙に掲載される在り来たりな記事を見ながらでは、的中はかなり難しいのではないでしょうか。

 勿論、当社は世紀の大混戦とも映る今年の天皇賞で「1強」といえる情報馬を既に知っています。オッズは割れそうですので、少額の投資でもかなりの利益が見込めるのではないでしょうか。


――天皇賞に合わせて何か特別なキャンペーンはありますか?

サイト担当者 天皇賞はこの秋のG1シリーズの中でも、「確実に仕留めておきたい」といえるほど情報が揃った重要なレース。しっかり準備を重ねてきましたし、勿論、的中に向けて自信はあります。

 世紀の大混戦とも映る今年の天皇賞で「1強」といえる情報馬を既に知っていますので、この天皇賞で好配当を的中させてみたいという方は是非、こちらの無料情報を参考にしてみてください。

 勿論、初心者の方も大歓迎ですよ。しっかりサポートさせていただきますので、この機会に競馬を始めてみてはいかがでしょうか?


――その「1強」とはどんな馬なのか、非常に楽しみです。ありがとうございました。

 今年の天皇賞はモーリス、エイシンヒカリ、ロゴタイプ、リアルスティール、ルージュバックなど空前の豪華メンバーが揃ったと話題になっている。しかし、そのマスコミの報道は表面的なものであり、決してレースの核心に辿り着いていないことを忘れてはならない。その中でこの会社が見つけた「1強」とはどの馬なのか?現場を知る関係者だけが知る「本物の情報」は絶対に必見だ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年10月24日 13:33 | 返信

詐欺業者に誘導するのって、犯罪ほう助じゃないの?
こういう記事はtocanaらしくないから、やめたほうがいいよ
http://www.artist-ellenlefrak.com/detail92.html

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。