>  >  > 月の内部は空洞なのか!? 衝撃の研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

NASA

,

地球外文明

,

太陽系

,

惑星

,

,

衛星

,

高夏五道

 我々地球人にとって、一番身近にある天体といえば紛れもなく月である。古代から太陽と並びさまざまな芸術、宗教、学問との結びつきが強く、我々の文化とは切り離すことはできない。その一方、月は科学的にいまだに解明できない無数の謎を秘めた天体でもある。そんな中、興味深い一説がサイエンス系オンラインジャーナルの「EWAO」でレポートされている。


■根強い支持を得る“月空洞説”

 地球からの距離は約38万5000km、直径約3500kmの地球唯一の衛星である月。この月は、惑星の軌道を周回する衛星としては、不釣り合いなほど巨大なのである。太陽系の他の惑星を回る衛星を見てみると、実に月は太陽系で5番目に大きな衛星である。5番目であれば、それほど大きいと言う感じはしないかもしれないが、太陽系で一番大きな衛星であるガニメデは、母惑星の木星との直径比で27分の1、2番目に大きなタイタンも、母惑星の土星と比較すると23分の1という小ささに対して、地球と月の直径比は4分の1にもなる。

 その昔は、地球と月は二重惑星であるという説さえ出されたことのあるほど、月は巨大なのだ。NASAの科学者であるロビン・ブレット氏の言葉を借りれば、「月は存在しないほうが、現実としてあるよりも科学的説明がつく」と言われるほど、いまだに謎に満ちた天体なのである。

hollowmoon1.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 そんな月ではあるが、実は中が空洞の中空構造をしているのではないかという説がある。この説は“とんでもサイエンス”から導き出された空想仮説などではなく、科学的論証を伴った説であり、それも一つ二つではなく無数に展開されているものなのだ。

 まず、月の表面近くの組成物は、密度の非常に高い物質であり、衛星の成り立ちから考えると非常に不自然なモノであるということである。そして、最新の調査によれば、地球の平均密度が5.5グラム/立方センチメートルに対して、月の平均密度は3.34グラム/立方センチメートルという地球型天体としては不自然なほど軽いということも判明し、月が中空構造ではないかという説に拍車をかけている状態である。

関連キーワード

NASA

コメント

5:匿名2017年2月 5日 03:12 | 返信

>>4
天文学の発展がなければ今日なかったもの

ロケット、ミサイル、人工衛星 ー> 兵器産業
電子レンジ、デジタルカメラ ー> 家電産業
携帯電話、スマホ、充電池、太陽電池 ー> 通信・発電産業
コンピュター、パソコン、インターネット ー> IT産業

知らずに使ってる人は、その恩恵に浴しながら「日常生活に何のプラスが?」なんて言っちゃう。じゃあ、インターネットも電子レンジもデジカメもない世界で暮らしててよ、って感じwww

4:匿名2017年1月31日 20:26 | 返信

だから何?ってレベル。
そもそも天文学なんてなんの意味があるんだ?
遠くの星の素性が分かって日常生活に何のプラスがある?
こんなことに金と時間を使う暇があるなら地球温暖化の対策をしてくれ。

3:匿名2016年10月20日 19:50 | 返信

恐らく月は、なんらかの目的で作られた物だろな

2:匿名2016年10月20日 15:43 | 返信

>>1
同期しているパターンが多く、むしろ釣り合ってない方が少数派。

1:匿名2016年10月20日 14:08 | 返信

30年ぐらい前に出版された「月の謎」ていうムックに同じことが書かれていました。
さて問題。太陽系で月のように、惑星にいつも同じ面を向けている衛星はどれぐらいあるでしょうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。