>  >  > 【閲覧注意】目から脳ミソが飛び出た男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1610_helmet_1.jpg
画像は、Nicolai Bangsgaard / Don't drink and drive! Dummy accident to prevent drinking during Songkran. Chiang Mai.(from Flickr, CC BY 2.0)

 日本では、二輪車乗用中の交通事故による死者のうち約半数が、頭部の損傷によって命を落としている。そして、頭部損傷の約4割では事故時にヘルメットが脱落しているようだ。まさかの事故の時に命を守るためにも、警視庁はヘルメットの正しい着用を守るよう促している。

 しかし、たとえ事故時にヘルメットを着用していたとしても、決して安心はできないようだ。今月15日、海外ショッキングニュースサイト「Best Gore」にヘルメットを着用していたにもかかわらず、トラックに頭を轢かれて死亡したタイ人男性の画像が公開された。

 赤いフルフェイスのヘルメットは無残に潰れ、バイクとともに地面に倒れた男性の頭からは、ドロドロの“内容物”が飛び出してしまっている。目から脳ミソが吹き出したようにも見える。医師でなくとも即死と判断できるほど悲惨な光景だ。


■タイの交通事故による死者数は世界ワースト2位

 2015年に世界保健機構(WHO)がまとめたレポートで、タイの交通事故死者数は人口10万人あたり36人、世界で2番目に高い数字であることが判明した(ちなみに世界ワースト1位はリビアで10万人あたり73人)。タイの道路交通についてWHOは、保全管理や車両の整備基準、道路交通法の執行などが不十分だと指摘している。

 2016年1月1日~3月13日までのおよそ70日間で、交通事故による死者がすでに2,300人を超えているタイ。飲酒運転や交通マナーの悪さなどに対し、タイ警察も取り締まり強化に乗り出しているようだが、事故は一向に減らない。また、事故現場で負傷者の救護を装い、財布などの金品を抜き取る輩までいるという。

 ヘルメットを被っても安心できないタイの道路では、運転しないことが一番の安全対策かもしれない。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

WHO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?