>  >  > 長谷川豊、実は大炎上を楽しんでいる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1024hasegawa_01.jpg
※イメージ画像:長谷川豊 公式ブログ『本気論本音論』より

 今年9月に自身のブログで人工透析患者に対する暴論ともいえる記事を公開した長谷川豊アナウンサー。元はフジテレビの局アナとして活躍していたが2013年に同社を退社し、現在はフリーアナウンサーとして活躍している。しかし、今回の件を受け、すべてのレギュラー番組を降板させられてしまった。

 番組降板後も批判が相次ぎ、今の日本で最も嫌われている人物のひとりになっていると言っていい長谷川アナだが、フジテレビ時代の評価はどうだったのか。関係者に話を聞いた。

「長谷川さんは、フジテレビ時代は主に報道担当。ニューヨーク支局にも赴任するなど、男性アナウンサーとしては王道を歩いていました。報道担当だからこそ個人の意見が表に出る機会も少なかったので、当時は真面目な印象を持っていた局員も多く、今のキャラクターには驚く人間もいますね。しかし、僕個人としては当時から片鱗があったように思います」(テレビ局関係者)

 当時からあった片鱗とは何なのか。

「在職中に『めちゃ×2イケてるッ!』に出たことがあるんですが、そこで女子アナ批判を展開し、かなり強い口調で『女子アナは自分をアイドルと勘違いしている』などと発言しました。番組内では笑いになって終わりましたが、これを機に長谷川アナへの印象が変わりましたね。真面目で寡黙な印象でしたが、実は内側にいろいろな怒りを秘めているんだとわかったからです。今のキャラはフリーになって自由に発言できるようになったことで、秘めていたものが表に出てきただけだと思っていますよ」(同)

 この関係者によればフジテレビ在職中からその兆候があり、現在の過激な物言いは今に始まったことではないらしい。しかし、別の関係者は異なる見解を述べてくれた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。