>  >  > セックスの快感が強いのは男か女か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
dmmlounge_102.jpg
池田清彦(左)、宋美玄(右)

 10月22日、ベルサール西新宿で株式会社「DMM.com」のオンラインサロンサービス「DMM Lounge(ラウンジ)」が主催するイベント「DMM Lounge 文化祭 2016」が開催され、池田清彦、岡田斗司夫、たかまつなならが秋の夜長に知的なトークを繰り広げた。

 トークセッションは、旬の話題や社会問題について議論する「ニュース Judgement Day」、アニメ、マンガ、映画に造詣の深い知識人がおすすめ作品を紹介する「秋の夜長をどう過ごす?」など全4セッション設けられたが、その中でトカナ編集部が特に注目したのは、生物学者の池田清彦氏と産婦人科医の宋美玄氏が登壇したセッション「男と女の心と体」だ。

 「そもそも男と女はどう違うの? 分かり合うことはできるの?」、「これからの性別のありかたは?」といったマジメなトピックにとどまらず、「夜の営みで気持ちいいのどっち?」など誰もが気になるキワどい話題まで飛び出し、池田氏、宋氏の歯に衣着せぬトークに会場が大いに盛り上がった。

dmmlounge_101.jpg
カミキリムシの交尾を熱弁する池田清彦

 池田氏は、「セックスの時、ヒザが気持ちいい」と自身の性癖を赤裸々告白しつつ、話題は動物の性感へ。「カミキリ虫のオスはメスの首に噛み付くことでメスを交尾体勢にするが、気持ち良いとは思わない」と苦笑い。LGBTについては、「遺伝子の発現や組み合わせだから、たとえ一部の人間が彼らを根絶やしにしようとしても、必ず次の世代にも一定割合で生まれてくる。正常・異常という考え方が間違っている」、「50年後には、トイレが全部個室になって、どんな人でも関係なくなる」と語り、「本当の意味の多様性は、色んな人がいることを認めること。理解する必要はない。そうすれば殆どの戦争がなくなると思う」と、多様性を受け入れることが平和に繋がると指摘した。


dmmlounge_104.jpg
男女の性を語る宋美玄

 宋氏は、男性と女性の性を比較し、「全年齢で男性の方が性欲が強い」が、快感に関しては、「女性はブレンドオーガズム(クリトリス、Gスポット、ポルチオ)の支配神経がそれぞれ違うため男性よりも快感に広がりがあるかもしれない」と男女の性の違いに言及しつつ、「他人に迷惑をかけなければ、どんなセックスの趣味でもいい」と性のあり方の多様性を訴えた。

 最後に「生まれ変わるならどっち?」という質問に対し、宋氏は「男性になってみたいが、マスターベーションのやり方を間違えて射精できないと困る」、池田氏は「もう面倒くさいから生まれ変わらなくていい」と回答、会場が笑いに包まれた。

 人間や動物の“性”を追いかけているトカナ編集部としても大満足のトークセッションだったが、池田氏、宋氏ともにまだまだ語り足りない様子であった。今後も2人の発言には注目していった方が良さそうだ。

「DMM Lounge」では、普段からビジネスやカルチャーなど180以上のサロンで日々活動(オフ会)が行われており、池田清彦氏(「池田清彦のあなたも自由人になろう」)や、宋美玄氏(「産婦人科医ママ宋美玄×小児科医ママ森戸やすみオンラインサロン」)のサロンも開設されている。

dmm1026.jpg
https://lounge.dmm.com/

・公式サイト https://lounge.dmm.com/

関連キーワード

DMM
LGBT

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。