>  >  > 「精子を泳げなくする」男性用ピルが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
MalePill_3.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「避妊」と聞いて多くの読者が思い浮かべるのは、コンドームや女性が内服するピルなどの手段だろう。しかし、時代は動いている。これまでとはまったく異なるアプローチによって、“精子を泳げなくする”という次世代の避妊法が誕生、間もなく実用化する見込みだとして話題になっている。


■特殊な化合物で、精子のヤル気を完全に削ぐ!

 今月23日、英紙「The Daily Mail」が報じたところによると、今回の画期的避妊法を発見したのは、英ウルヴァーハンプトン大学のジョン・ハウル教授や、ポルトガルのアヴェイロ大学の専門家らで構成される国際研究チームだという。

 まずハウル教授らが目をつけたのは、男性不妊の原因の一つである「精子無力症」だった。これは精子の運動が足りず、卵子までたどり着くことができない状態を指すが、研究チームは、同じ現象を人工的に引き起こすことができれば避妊につながると考えたのだ。

MalePill.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 そして考案された化合物が、特殊な「膜透過性ペプチド」だ。ペプチドとはアミノ酸が数個つながった構造を持ち、細胞の働きに影響を与える成分のこと。食品に含まれる自然由来のペプチドは、さまざまな健康作用をもたらすことが知られているが、生化学者の手によって人工的なペプチドも数多く誕生している。つまりハウル教授は、精子細胞の中へと直接潜り込み(膜透過性を持ち)、動けなくしてしまうペプチドを人工的に生み出すことに成功したのだ。


■精子の尻尾を動けなくする! 驚愕の避妊法

 ハウル教授のペプチドが精子に侵入すると、尻尾部分(鞭毛)の動きをコントロールするタンパク質が無効化され、精子が完全に動けなくなってしまう。すでに人間とウシの精子を用いて、極めて正確に作用することを立証済みなのだとか。

 さらに、精子の無力化はペプチドを投与してから数分という短時間のうちに作用するうえ、数日後には効果が切れる。つまり実用化に際しては、セックスの数分前に摂取すれば十分に効力を発揮するとともに、数日後には生殖能力が回復する、夢のような男性用避妊薬というわけだ。ピルを摂取していた女性が妊娠を希望する場合、少なくとも数週間前に服用を中止しなければならないことを考えれば、実にお手軽・簡単な避妊法といえるだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。