>  >  > 【閲覧注意】「生首サッカー」が開催される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

サッカー

,

ブラジル

,

刑務所

,

北原大悟

,

生首

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1610_soccer_1.jpg
画像は、George Eastman House / Trick photo, decapitated man with bloody knife, holding his head(from Flickr, CC BY 2.0)

 今月16日、ブラジル北部・ロライマ州の刑務所内で、対立する受刑者グループが衝突する暴動が発生した。19日にこのニュースを報じた「Best Gore」によると、暴動によって少なくとも25人が死亡。その内6人の死者が斬首され、焼かれた状態で見つかった。「Best Gore」には事件の詳細だけでなく、暴動のようすを収めた動画も掲載された。

 囚人たちが大勢グラウンドに集まり、声を荒げているようすが捉えられているその映像。顔を布で覆った囚人たちの中には、サッカーをしている輩も見受けられる。しかし、使われているのはボールではなく生首だ。蹴られてゴロゴロと転がる生首はいったん放置されるが、最後は首の“持ち主”だと思われる死体の横に戻されるのであった。

 ロライマの警察によると、この暴動が発生したキッカケは刑務所内の一つの収容棟にいた受刑者たちが、別の収容棟に押し入ったからだという。この暴動が始まった時はちょうど面会受付時間だったため、面会に訪れていた約100人の親族が一時人質になってしまう。受刑者たちは自分たちの要求を聞くように判事の来訪を求めたが、警察の特殊部隊が突入し、人質は全員解放されたそうだ。


■世界一人気のスポーツ・サッカー

 サッカーは200を超える国と地域で2億5,000万人を超える選手たちがプレイする、世界で最も人気のあるスポーツの一つだ。現代サッカーの始まりは、1863年にロンドンで設立されたフットボール・アソシエーションに起源を持つ。しかしさらに昔、2,000年前の中国では、すでにサッカーのような競技が行われていたと書かれた文献が見つかっている。ほかにも、サッカーの起源はイタリアで8世紀以前に宮廷の前で数十人がボールを蹴り合っていたゲーム“カルチョ”だという説の他に、8世紀ごろのイングランドで戦争に勝利したあと、敵国将軍の首を落として、その首を蹴り合ったことから派生したという説もある。

 サッカー王国といわれるブラジルだが、生首でサッカーを行うという行為に世界中が震撼している。今後、刑務所内のより強固な治安管理が求められるだろう。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?