>  >  > ワイドな女子高生、芸能界引退の真相は「クビ」だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ワイドな女子高生

,

青木珠菜

jyunaaoki.jpg
画像は、『研音オフィシャルサイト』より


 10月23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演中だった“ワイドナ女子高生”こと青木珠菜が、突然番組の卒業、そして芸能界引退を発表した。当人は「大学に行きたいという思いもあるので、芸能界を今日で辞めます」とコメントしていたが、その真相については「実質解雇」なのだという。一体何が起こってしまったのか?

 青木は2010年に子役デビューし、主に女優活動を行ってきた現在17歳の現役女子高生。所属事務所は大手プロ・研音だったが、突然芸能界から引退するはこびとなってしまった。そしてその真相を、あるテレビ局関係者が解説する。

「彼女は以前から、研音内では『クビ寸前』扱いとなっていたんです。研音は他の芸能プロダクションと比べると、一風変わったギャラ制度を取っています。多くの事務所は歩合制でスタートし、売れてきたところで月給制に切り替わるものですが、研音は初めからすべてのタレントが月給制なんです。しかし、支払っている金額に働きが見合わなければ、容赦なく契約を打ち切っていくんです」

 当然月給は、そのタレントによってマチマチというが「年齢や実績を考えれば、青木はせいぜい、一般社会人の初任給レベルの月給ではないでしょうか。加えて研音では、副業やアルバイトは禁止されていますが、女子高生のお小遣いと考えれば十分な金額を受け取っていました」(同)とか。

 そしてそんな青木を巡っては、社内でも不満の声が漏れていたのだという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。