>  >  > 【閲覧注意】レイプ後に絞殺された腐敗死体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1610_strangulation_1.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 45 of "Lateral curvature of the spine and round shoulders" (1916)(from Flickr, CC BY 2.0)

 東南アジア南部に位置する共和制国家・インドネシアは、日本の約5倍の面積があり、世界最多の島しょ(大小さまざまな島)を抱える国だ。2億5,500万人の総人口は世界第4位。首都・ジャカルタを中心に、安定した経済成長を続けている。

 メダンは、インドネシア・スマトラ島東北部に位置する都市。スマトラ島最大の都市で、人口規模でいうと、インドネシア第四の都市だ。しかし、バイクによる窃盗や強盗、薬物などの犯罪が多く発生しており、治安はあまりよくない。そんなメダンで絞殺体が見つかり、男性グループが逮捕されたと今月23日に「Best Gore」が伝えた。

 腐敗が進んだ状態で見つかった女性の絞殺体は、下半身裸で草むらに放置されている。顔や脚は肥大化して変色し、血管が浮き出て網状に広がっている。被害者はレイプされたあげく殺害され、金品を奪われた後に放置されたようだ。口を開けて驚いたような表情を浮かべて腐敗した死体をみると、どうしようもなく悲しい気持ちになる。


■レイプ犯は去勢すべき!?

 今年4月、スマトラ島では、学校から帰宅途中だった14歳の少女が10代の少年たちに集団レイプされた後、殺害されるという事件が発生した。インドネシア国内では事件に対して怒りの声が広がり、同国のジョコ・ウィドド大統領はレイプ犯を去勢する可能性を含めた罰則強化に乗り出していた。そして10月、子供相手の性犯罪者に対して、禁固10年以上の実刑や“化学的去勢”などを科す法案が賛成多数で可決された。

 化学的去勢とは、体内に抗男性ホルモン剤を投与することで、性的衝動や性行動を抑制することをいう。日本では聞きなれないかもしれないが、韓国やアメリカのいくつかの州、カナダやドイツなど多くの国で実施されている方法だ。

 しかし、化学的去勢を行ったところ、逆に性的欲求が高まった事例などもあり、実効性に疑問の声が上がっているのも事実。だが、どちらにしろ女性の尊厳を奪うレイプ犯には、重い罰が下るべきだろう。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載

味覚を変える物質はギムネマか!?【今日からドヤれる理科知識マンガ】

《今日からドヤれる理科知識》夜子の保健室【バックナンバーはコ...

VXガス、サリン…殺人神経ガスを徹底解説! 背景にナチスと殺虫剤と謎の研究所!【ググっても出ない毒薬の手帳】

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】第19回...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?