>  >  > 【超・閲覧注意】顔はどこへ行った?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ウジ虫

,

ギネス

,

山下史郎

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1610_whereface_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 10月11日、インド中央部の村で一人の少女が病院に運びこまれた。4歳になるその少女は、耳に激しい痛みを訴えていたため医師が診察してみると、耳から80匹のウジ虫が出てきた。診察した医師は「2、3匹のウジが耳の中にいたというケースは見たことがあるけど、80匹は初めてだよ」と話した。MRI検査の結果、ウジは脳までは移動していなかったが、病院に来るのが後一週間遅ければ命の危険があったという。

1610_whereface_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 そんなウジ虫のニュースが届いたおよそ一週間後の17日、動画共有サイト「KAOTIC」に、ウジ虫に顔面を侵食されてしまった男性の映像が公開された。動画の詳細は一切不明なのだが、横向きにベッドで寝る男性の、右頬から耳の下まで穴が開き、その中にはおびただしいほどのウジ虫が湧いている。ポッカリと空いた穴を見ていると、顔がどこかへ行ってしまったように感じるほどだ。しかし、なぜここまで放置していたのかに疑問が残る。


■1時間で17kgのウジ虫を口で移動させた男

 ウジ虫は世界中に生息しており、その“おぞましい”見た目から、あまり良いイメージを持たれていない。しかし、ウジ虫を利用して世界的に有名になった人物もいる。それが、“1時間で17kgのウジ虫を口で移動させた男”だ。

1610_whereface_3.jpg
画像は、「The Sun」より

 この記録は、2009年にイギリスのチャーリー・ベルさんが打ち立てた世界ギネス記録。チャーリーさんは、この勇敢なチャレンジを行う数カ月前から自宅で米を使った練習をしていたのだが、実際にウジ虫を口に入れたのは本番が初めてだった。チャーリーさんはこの偉業を達成した後、「ウジ虫がこんなに臭いとは思わなかったね。アンモニアの臭いがひどくて、公衆便所に頭を突っ込んでいるのかと思った」と胸の内を吐露。しかし「何度も吐きそうになったし、顔と歯茎が痛かった。何匹が食べちゃって、途中で止めようかと思ったけど、どうにか達成したよ」と誇らしげに語っている。

 ウジの成虫であるハエは、人畜糞や腐敗した臭いを好む。どこからともなく現れるウジ対策には、衛生的で清潔な生活を心掛けなければならないだろう。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?