>  > 300年前の聖少女ミイラ開眼か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 人間が亡くなるとその肉体はそれぞれの地域の風習にならって葬られるが、稀に亡くなった時のままの姿で長い年月を経てから、人々の注目を浴びる遺体がある。今回は世界中から観光客が集まるほどの美しい遺体に起きた事件を報じた9月24日付の「Mirror」をご紹介したい。


■静かに眠る聖なる少女に驚きの変化が!?

 メキシコの中西部に位置するハリスコ州の州都、グアダラハラはその美しさから「西部の真珠」と呼ばれて愛されてきた。1541年に建設されたグアダラハラ大聖堂には「サンタ・イノセンシア」(穢れを知らぬ聖なる人)と呼ばれ、あどけなさの残る顔で純白のドレスに包まれた少女の遺体が300年もの間、ガラスケースの中で眠っている。

santainocencia1.JPG
頭髪はウィッグだろうか。まるで眠っているかのように見える少女 画像は「YouTube」より

 ある時、大聖堂を訪れた男性観光客がツアーに参加し、その様子を動画で撮影した。カメラが大きく揺れた後に少女の顔をとらえた瞬間、動くはずのない遺体のまぶたが開いたように見えたのだ。画像が少々荒かったことや、男性もまさか少女が目を開けるとは思っていなかったのだろう、家族の指摘があるまで気付かなかったと話している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。