• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】
第14回 大麻/中編

【前編(大麻の歴史と認識)はコチラ

 なにかと議論の的になる「大麻」――。その成分と効果のメカニズムについて、まずは「ドラッグとしての大麻」の側面をみていきましょう。


■ドラッグとしての大麻のすべて

 ドラッグとしての大麻には、まずは「乾燥大麻」と呼ばれる大麻草をそのまま乾燥させたもの、そして精神作用の強い成分が凝縮された「大麻樹脂」というものが用いられます。

640px-Marijuana-Cannabis-Weed-Bud-Gram.jpg
左/乾燥大麻。右/大麻樹脂

 それらは、多くの品種から作られますが、大別すると「カンナビス・インディカ」と「カンナビス・サティバ」の2大品種に分類でき、中の成分配合がガラっと違うため、効果も変わります。あくまで品種なので種としては1種の「クワ科 アサ(Cannabis sativa カンナビス サティバ)」で、インディカは亜種名としてsubspでCannabis. sativa subsp. indica(インディカ)になります。


●大麻の品種


 紛らわしいのでとりあえずこの先はインディカ種とサティバ種とします。

・形態

Cannabis_flowering.jpg
サティバ「Wikipedia」より

 インディカ種は多くの人が知っている大麻らしいシルエットの葉の大麻草で、サティバ種は細い葉にまばらなサイズの葉が付く形態をしています。

・栽培地域

 インディカは、その名の通りインドで広く栽培されており、もともとはパキスタン~アフガニスタンで栽培されていたと言われています。現在は、アフリカや南米など、ほかの高温多湿な地域でも栽培されている品種です。対して、サティバは中米の比較的乾燥した地域に生えていたものが起源とされています。

・吸い方

ThinkstockPhotos-467342888.jpg
インディカ

 インディカは、そのまま乾燥させた葉を吸うことが多いのに対して、サティバは水パイプでの喫煙が好まれます(あくまで一般論ですが)。

・効果

 ドラッグとしての効果ですが、インディカは眠気を伴いリラックスさせるなどダウナー系の効果が強く、サティバ種は時間感覚の喪失や知覚の変化(美しくモノが見えたり、記憶の混乱)などサイケデリックドラッグとしての効果が高い傾向があります。


コメント

11:匿名2018年5月 6日 19:16 | 返信

序盤から違和感を覚えながらも読み進めたけど嘘ばっかり。
記事内「致死量」のあたりで読むのやめた。
アホらしい。個人ブログレベル以下。
ほんの5分程度だけでも調査していればこんな記事にはならないはず。
大麻でフラッシュバック???できるものならしてみたい。お得じゃん。

基本的に大麻は良いものだと思う。
ただ、ネットによく居る大麻信者の話もそれはそれで信用できない点もある。
ドラッグであろうが調味料であろうが、
もっと言えば体内に取り込まない絶叫系アトラクションや
その他の趣味なんかも依存性はあるということを忘れずに楽しめばいいと思う。

10:匿名2018年5月 3日 18:21 | 返信

嘘ばっかで話にならんなww

9:匿名2017年7月11日 02:16 | 返信

聴覚や嗅覚は鋭敏になるというより、普段意識からシャットアウトされている領域にも意識を向く、向けられる、というのが正しいと思う。
あと、トリップ中は「快」は強くなり「不快」は弱くなる。
例えば多くの人は綺麗な景色を見ると「快」を感じるわけだけど、トリップ中はそれが強まるから、ただぼんやりと景色を眺めてるだけで何時間も心地よく過ごせたりする。
通常「快」を得られる刺激でも短期間に繰り返すと馴化によって「快」のレベルが下がってくるけど、トリップ中は馴化がリセットされる感じ。
だからAVなんか見ると初めて性に触れた時のような興奮が得られたりする。
景色を眺めてるだけで何時間も過ごせるってのも馴化が起こりにくいからこそ。
音楽や映画なんかとの相性もいい。
他にもノスタルジーも強く感じられるようになる作用なんかもある。

8:匿名2017年5月12日 12:45 | 返信

TOCANAってインチキ記事ばっか。デマサイト。通報対象。

7:匿名2016年12月13日 13:48 | 返信

You do not know anything about marijuana, SHAME ON YOU.

6:匿名2016年11月 7日 19:23 | 返信

薬中が暴れてて草(意味深)生える

5:匿名2016年11月 7日 12:50 | 返信

これまでのコメントにもあるようにほとんどが嘘。もうちょっと新しい情報をきちんと調べて記事書いたほうがよいでしょ。そもそも「クワ科」だっていう情報が古すぎ。一体どこの情報を引っ張ってきて拡散してるんだか。厚労省の回し者だろ

4:匿名2016年11月 7日 09:16 | 返信

全体的に定量的な議論や文献の引用がほとんど無いので論ずるに値しないが、酷い部分だけ下記に指摘。

”また、複雑な精神作用があるため“一概にはどうこう言えない”面が多いのも確か。摂取量などを間違えるとパニックなどを引き起こすこともあるため、アルコールやタバコより調整が難しい薬物といえます。”
→アルコールもパニックを起こすことがあるのにこう言い切っていいのか?

"また大麻樹脂はその成分が強いためより危険性は高く、また抽出時に使う溶媒が四塩化炭素やクロロホルムなど揮発性の悪く毒性が高いモノが使われるため、粗悪な商品には多くのそうした溶剤が残留しており、それらの有害作用とおぼしき症例も報告されています。"
→粗悪な商品が危険なのが指摘されてるからこそ、大麻を合法化して粗悪なものを取り締まろう、という議論になっていると思うが。

"故に、大麻が事実上合法の国では、最初は経験者にいろいろ教わるものであり、経験の無い日本人などがそうした国で1人で大量に摂取してしまうことで酷い目に遭うということはままあるのです。そういう意味で国民性や文化的背景が濃いモノなので、大麻に関して文化的な素地の無い国でいきなり合法化するのはなかなか難しいでしょう。"
→この文章で言っている意味がわからないし多くの理系が持ってるはずの論理性の欠片もない。

3:匿名2016年11月 7日 03:01 | 返信

この記事は嘘っぱち。
どういう意図があってこんなデタラメな記事を書いとるんやろ。
厚生労働省のまわし者か?
この記事読んで納得してたらアカンよ。大昔から麻と深い関わりのある日本人として大麻の正しい知識を持たないといかんと思う。

2:匿名2016年11月 7日 02:59 | 返信

>>1

タイポです。「お酒やタバコが原因で毎年何人が亡くなってるか知ってますか?」大麻で人は死にません。

1:匿名2016年11月 7日 02:32 | 返信

嘘ばっかり。 大麻で錯乱とか、毒性がどうのって言うけど大麻で死んだ人なんて今までいないですから。酒となってるか知ってるんですか?知ったかぶりでこんな記事書くなよ。 どうせこいつもこの記事書きながらタバコ吸って酒飲んでんでしょ。 どっちが実際に身体に悪いかなんて考えたらわかるだろ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。