>  > “月9”はなぜ低迷したのか!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1101kaiabe_01.jpg
※イメージ画像:フジテレビ系『カインとアベル』オフィシャルページより

 Hey! Say! Jump・山田涼介主演のフジテレビ月9ドラマ『カインとアベル』の視聴率が8.8%と月9初回最低を更新したという。同作は旧約聖書に登場する神話の舞台を現代の東京に置き換え、山田演じる優と桐谷健太演じる兄・隆一を中心に「兄弟の確執」、「愛への渇望」、「父に認められたい」などのテーマを描いた作品。一見、誰もが向き合う人生の葛藤や愛という真理を追求し、複雑な心理描写を表現し、見応えがあるように思えるが、ネット上では「雰囲気が暗い」、「韓流や昼ドラみたい。自分に向いてない」、「ってか、月9興味ねえわ」といった声があがっていた。月9はなぜ、こうなってしまったのだろうか。

『東京ラブストーリー』(1991年)が火付け役となり、『101回目のプロポーズ』(同)や『ロングバケーション』(1996年)など、“トレンディドラマ”と称された恋愛ドラマの金字塔を次々と打ち立て、ブランド化に成功した月9。ほかにもホームドラマの『ひとつ屋根の下』(1993年)、検事にスポットを当てた『HERO』(2001年)、音大生の青春を描いた『のだめカンタービレ』(2006年)、物理学の大学准教授が難事件を解決する『ガリレオ』(2007年)など、幅広い作品群で視聴者を魅了した。

 陰りが見えたのは2008年頃だった。月9枠はテレビ朝日系が『ビートたけしのTVタックル』、TBS系はミステリーの2時間ドラマと熟年層を狙った番組が並んでいたが、日本テレビ系で『人生が変わる1分間の深イイ話』がスタートすると、フジテレビに暗雲が立ち込みはじめる。

関連キーワード

月9

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。