>  >  > 米生物学者「人間の死体を他惑星に送れ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
humanbacteria_01.jpg
画像は「Express」より引用

 地球上の生命は宇宙から飛来したとする「パンスペルミア説」を地で行く、「“逆”パンスペルミア説」が科学者の間でにわかに盛り上がっている。地球の生物を火星やプロシキマ・ケンタウリに送り込もうという驚愕の学説をご紹介したい。


■死体を宇宙空間に放出→生命誕生

 米天文雑誌「アストロノミー(Astronomy Magazine)」(10月24日付)によると、極限環境生物を研究する米ルイジアナ州立大学の微生物学者ゲイリー・M・キング教授が、人間の体に生息する一部のバクテリアは地球環境外――他の惑星に根付き繁殖することができると主張。バクテリアを保有する死体を宇宙空間に送り込めば、いずれ新たな生命が誕生する可能性まであるというのだ。

「『宇宙空間で生存可能な微生物を死体で運搬できるのか?』という問いに対する私の答えは、イエスです」(キング教授)

humanbacteria_02.jpg
デイノコッカス・ラディオデュランス「Wikipedia」より引用

「我々は永久凍土の中から微生物を取り出したことがあります。仮死状態で100万年間生き延びる微生物もいるのです」(同)
「火星のように比較的地球から近い惑星でしたら、熱や乾燥に強い芽胞菌は間違いなく生き残ります」(同)
「無芽胞菌でも、乾燥と放射能に強いデイノコッカス・ラディオデュランスのような微生物なら、別の惑星の過酷な環境下でも生存できると思います」(同)

 このように、キング教授は理論的には可能であると断言しているが、そのためには3つの重大な要素があるという。


●どうやって死体を無事に惑星まで届けるか
 現在の宇宙服では別の惑星に辿り着いたとしても、他惑星の地上に着く前に微生物もろとも大気圏で燃え尽きてしまう。そこで必要になるのが宇宙船であるが、それでも大気圏への再突入には常に危険が伴う上、無事に目的の惑星に到着したとしても、自動的にドアが開かれ、微生物を外に放出する必要がある。


●微生物の保存
 微生物を無事に惑星に届けるためには、宇宙船内の死体が適温(水分が氷結しない程度の温度)に保たれる必要があるという。最適な環境なら、微生物は世代交代を重ねながら相当な期間生存することができるそうだ。

「ミミズや昆虫がいない環境なら、無数の世代の微生物が何千年も繁殖できるだけのエネルギーを人間の体は提供できます」(キング教授)

 しかし、そのような努力さえ必要ないかもしれないと教授はいう。死体を凍結乾燥してしまえば、微生物を長期間保存することは難しくないそうだ。目的の惑星に到着したら、死体を解凍し、適度な水分を供給すれば微生物は活動を再開するという。

コメント

1:匿名2016年11月 4日 01:52 | 返信

つまり地球の最初の生命も、何処かの宇宙人の送り込んで来た『死体』からの可能性もあるという事ですね。
その後もずっと「観察」をしてて、時々「神様」とか送り込んで来ているのかも

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。