>  >  > Google Moonが謎の“真四角な”ゲートを激写

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ゲート

,

地下基地

,

坂井学

,

ThinkstockPhotos-478302204.jpg
画像は、Thinkstockより


 古来より日本人が信仰の対象としてきた月。月見を行う家は最近めっきり減ってしまったというが、一献傾けつつ中秋の名月を楽しんだ風流人もいるのではないだろうか。旧暦8月15日にあたる十五夜に月を愛でる風習は、平安時代に中国より伝わったと言われているが、旧暦9月13日を十三夜と言い、月見を行う習慣は中国にはなく日本が起源だという。日本人は昔から、とりわけ月を愛してきたようだ。

 しかしこの月、いまだに解明できない謎が多く存在することでも知られ、科学者たちを悩ませている。どのようにして誕生したのかもはっきり分かっておらず、地球の衛星としては不自然すぎるその巨大さや、軽さ、さらに不可解な高耐性を持つ物質による層の存在などから、“空洞説”そして、“宇宙人による建造物説”が宇宙愛好家の間でまことしやかに唱えられていることは、過去にトカナでも紹介してきた。

 そして今回、これらの説を裏付けるような発見が「Google Moon」によってもたらされたという。10月26日の「UFO Sightings Daily」によると、なんと月内部へ通じる入り口がばっちり映っていたというのであるが、何はともあれまずは問題の画像を見てみよう。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年11月 4日 14:17 | 返信

こんなんにまずはノイズとか疑えとかアホちゃう?www

2:匿名2016年11月 3日 19:52 | 返信

宇宙人とかそっちの方向で騒ぎ立てる前に
ブロックノイズとかレンズのゴミ・傷とか先に疑うべき事が沢山ある
…と思うんですがねぇ

1:匿名2016年11月 3日 13:30 | 返信

地球上の科学を持ってしても出来ない未確認飛行物体を作る未確認生物が

はいここ飛行物体の入口の穴ですよ!的な原始的な物は作らないだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。