>  >  > 鳥取地震は前兆現象のオンパレードだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
Tottori_2.jpg
画像は「気象庁」より引用

 先月21日に発生した鳥取県中部地震は、M6.6(最大震度6弱)という大規模な地震だったが、幸いにして犠牲者は出なかった。従来、地震が少ないとされてきた鳥取県で起きたことに驚きの声も聞かれるが、その一方で、今回の地震には数々の前兆現象が起きていた事実も指摘しておかなければならない。


■不気味な群発地震が多発!

 実は今年8月から、富山県東部・黒部湖の北側付近で群発地震が始まり、9月までに400回を超えていた。小規模な無感地震(震度1未満)がほとんど、かつ鳥取県まで300km以上の距離がある場所での話だが、同じユーラシアプレートにおける地震活動として、何らかの関連性があった可能性は否定できないだろう。

 また、今回の震源となった鳥取県中部では、2008年11月から昨年10月中旬まで7年もの期間、有感地震の回数が0だった。それだけ地震が少ない場所であることは間違いないのだが、ちょうど1年前に群発地震が起きており、10日間ほどで20回以上の有感地震を記録している。これは一つの長期的な前兆現象だったといえるかもしれない。


■動物たちも異常行動!

tottori1021.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 動物たちの異常行動は、大地震の前によく見られる現象として知られているが、今回の鳥取地震でもいくつか確認されていたようだ。まずは10月4日、島根県松江市沖でイルカ10頭の群れが出現し、テレビカメラで撮影されていた。その光景を目撃した人の話では、この付近にはたびたびイルカが現れるが、これほど多く現れることは珍しいという。

 その4日後となる10月8日、島根県松江市の中海(湾の入口が塞がれてできた潟湖)で、クロダイやハゼなど2万匹の魚が大量死していた。魚類の大量死が地震の前兆現象なのかという点では疑問も残るところだが、イルカの出現も含めて震源から遠くない地点で起きたことだけに興味深いところだ。

 そして10月15日には、岡山県北東部の美作市で、ツキノワグマ7頭が捕獲された。うち4頭は人里近くで発見され、人に危害を及ぼす可能性が高いとして殺処分されたという。実は今年、全国的にクマの出没が多発しており、ドングリの不作なども要因ではないかといわれている。そのため、クマの出没を地震前兆とするには慎重さが求められるところだが、このケースのように同日に7頭も見つかることは極めて異例であり、さらに美作市から鳥取の震源までは約50kmと非常に近いことを考え合わせると、やはり地震前兆だったのかもしれない。

コメント

4:匿名2017年2月26日 05:25 | 返信

つか、そもそもな話、起きたことが全て島根だったり岡山だったりと鳥取に全く関係ないじゃないか笑
確かに島根県松江市は鳥取県米子市の隣で、鳥取県と島根県はお隣さんではあるが(笑)
今回地震ひどかったのは中部。倉吉やぞ。
倉吉と松江って相当離れてるからな笑
せめて投入堂が自ら移動したとか、長芋やスイカ豊作とか、名探偵コナンが完結したとか
中部に関係のある情報を持ってきてくれ

3:匿名2016年11月 8日 00:30 | 返信

黒い白鳥を否定するために全世界の白鳥調べ回れとは酷だね

P≠NP証明できてないのに
どうせ完全に否定し切れていないからノーカンって言うんでしょ?
人間は下種だねぇ

2:匿名2016年11月 5日 20:27 | 返信

前兆ではない、予兆はない、という奴に限って事例を挙げて反証しない。それが答えでもある。

1:匿名2016年11月 4日 20:37 | 返信

大地震が起きるたびに「実は前兆が!」「予知されていた!」ってのが出てくるが
フクシマ以降、そういのうはまったく信憑性が無いってことを理解した
地震の予知で警鐘を鳴らしてる人は24時間365日どこかにいるし
災害の予兆に見える自然現象は災害と関係なく見られる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。