>  > 大麻の世界に紛れ込んでしまった芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

加藤宏和

,

大麻

,

芸能界

1105takagi_01.jpg
※イメージ画像:『レアリテ(2007年2号)』

 元女優の高樹沙耶容疑者が10月25日、大麻取締法違反(所持)で現行犯逮捕された。高樹は沖縄県石垣島の自宅で乾燥大麻数十グラムを所持。吸引用とみられる巻紙やパイプなども押収されている。

 高樹は2012年、本名である益戸育江名義のブログで大麻草検証委員会の幹事を務めていると明かし、「大麻は持続可能な暮らしをサポートする大切な天然資源の一つ。お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエイジングには最高の植物」と語っていた。さらに今年7月の参議院選挙で新党改革から東京都選挙区で立候補。医療用大麻の合法化や脱原発を公約として掲げたが落選している。

 海外では大麻を合法化している地域もある。高樹は、とある地で18歳の若さで大麻を知り、吸引したことがあるとブログに綴っていた。関西4私大(関関同立)の新入生意識調査によると、6割が大麻など危険薬物を入手可能と考え、20人に1人が使用を目撃しているという。違法薬物を手に入れることなど簡単なことなのだ。今回は実際に大麻に手を染め、逮捕されてしまった有名人たちを紹介したい。

■長渕剛

1105yakubutu_nagabuchi.jpg
※イメージ画像:『富士山麓 ALL NIGHT LIVE 2015』

 1995年に大麻所持で逮捕された長渕剛。当時、第一線のアーティストだった長渕の逮捕は世間に衝撃を与えた。その前に発売されたアルバム『JAPAN』や『Captain of the Ship』(ともにEMIミュージック・ジャパン)のレコーディングを長渕はアメリカ・ ロサンゼルスで実施。このときに海外アーティストから大麻を譲り受けたというウワサもある。ちなみに、同世代のアーティスト桑田佳祐は94年、ソロアルバム『孤独の太陽』収録曲『すべての歌に懺悔しな!!』の歌詞で、「クスリにゃ目がないバカヤロ様がいる」と長渕の行動を示唆したような一節を織り込んでいた。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年11月20日 02:22 | 返信

本当に草ごときでここまで言われるのは他の記事でもだれか言ってたように割に合わないよね。 高樹沙耶も別に好きな女優でもないけど、草好きってだけてメディアでは重犯罪者プラスすごい変人扱い。笑 医者から処方された強力な鎮痛剤とかため込んで、痛みもないのに快楽目的でバリバリやっちゃってる奴とかの方がもっとやばい。 アル中なんてもっと最悪。 大麻ぐらいでここまで大騒ぎできる日本はすごい。 落ち着けよと思ってしまう。

2:匿名2016年11月15日 17:30 | 返信

草ごときでガタガタぬかすな
恥を知れ

1:匿名2016年11月15日 13:53 | 返信

怪しい小屋=虹の豆
ラリってる!感 丸出しだよな~(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。