>  >  > 腰から歯が生えた女、人骨を栄養にする木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

ミイラ

,

儀式

,

史跡

,

発掘

,

考古学的

,

遺跡

,

 歴史を紐解く重要な資料となる古代の遺物や遺跡。だがそれは時に、遠い過去に行われていた凄惨な儀式や風習に出くわすことにもなる。現代に生きる我々が知る由もない古今東西の謎や、奇妙で信じられない発見の一端を紹介しよう。


1. 悲劇的な犠牲者

 1985年、アルゼンチンの山間部で登山家が発見したのは、積み重なるように配置された石の中に膝を抱えるようにして横たわる1体の子どものミイラだった。

archaeologicalfounds1.JPG
Live Science」の記事より

 7歳前後の男の子と推測されているかわいそうなこのミイラはおよそ500年前の、インカ帝国時に行われていたカパコチャと呼ばれる国の安泰を願う儀式の人身御供でできたものだ。子どもたちは地方から中心部・クスコに集められ、生贄として捧げられる前の1年間幽閉されて薬を投与される。ミイラの多くは頭蓋骨骨折しているため死因については諸説あり、専門家の間で議論が交わされているが、もしかしたら苦しみを減少させるために故意に撲殺していたのかもしれないという。


2. ポーランド流 “吸血鬼” 埋葬法

 1600~1700年代におけるポーランドでは、複数の人々が鎌で首をひっかけられたり顎の下に楔を打ちつけられた状態で埋葬されていた。

archaeologicalfounds2.JPG
Live Science」の記事より

 なんとも残酷な埋葬方法だが、その理由は、死後に蘇ってドラキュラのように友人や家族の血を吸いにくるのを防ぐための予防策であったという。2014年、研究者はこれらの人々がコレラ流行時の犠牲者であったのではないかと発表した。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。