>  >  > 「欅坂46」はイルミナティの手先だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
kykzk46.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 アイドルグループ「欅坂(けやきざか)46」がハロウィンイベントで着用した衣装が、ナチス・ドイツの軍服に酷似していると指摘され、日本のみならず世界各国のメディアやユダヤ人団体から怒りの声が上がっている。プロデューサーの秋元康は「監督が行き届いていなかった。ありえない衣装だ」と正式に謝罪を表明しているが、この件について在日イスラエル大使館が“対話”を申し出るなど、問題は一向に収束しそうにない。

 しかし、一部の陰謀論者の間では「もともと欅坂のプロデュース側にイルミナティやフリーメイソンが紛れており、今回も彼らの意向に沿った表現だったのでは?」という指摘があるのだ。ここで見逃してはいけないのは、“今回も”という表現だ。それもそのはず、欅坂46がフリーメイソンやイルミナティと関連している可能性について、実はデビュー当時から一部で話題になっていたのだ――。


■美少女たちの背後に、「あの目」が!!

 昨年8月21日に誕生した欅坂46は、今年4月6日にファーストシングル「サイレントマジョリティー 」でCDデビューを果たした。しかし、この「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオに、フリーメイソンやイルミナティの象徴である「万物を見通す目(プロビデンスの目)」と思しき図柄が描かれた看板が写り込んでいる。では早速、問題のミュージックビデオをご覧いただこう。

動画は「YouTube」より

 ビデオは、地下化される前の東急東横線・旧渋谷駅の跡地である「渋谷駅南街区プロジェクトB-2棟」工事現場で撮影されたと思われる。音楽に合わせて踊る欅坂46のメンバー、その背後に注目していただきたい。複合商業施設である渋谷ヒカリエの前に2枚の見慣れない看板が掲げられており、セットかCG合成であるかは不明であるものの、そこに「プロビデンスの目」がしっかりと描かれているではないか。

 もちろん、これだけで欅坂46とフリーメイソンやイルミナティとのつながりを断言することはできない。単に制作側がオカルト好きで、遊び心からこのような演出を考えただけかもしれない。しかし、仮にそうだとしても、制作側にはイルミナティが操る「カバラ数秘術」に詳しい人間が含まれている可能性が高い。筆者がそう考える理由は、このビデオに「プロビデンスの目」が同時に2つ登場することにある。

コメント

2:匿名2017年3月 1日 18:32 | 返信

苫米地先生に云わせりゃ、当たり前の出来事。。

1:匿名2016年11月 8日 20:57 | 返信

カラスが黒いのも、雨が降るのも風が吹くのもイルミナティの仕業

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。