>  >  > 世界最高傑作の「人体標本」はコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

Room1Fragonard.jpg
フラゴナール博物館 フランス語版WIKIPEDIAより

 フランスのパリにあるフラゴナール博物館に、「人体標本の最高傑作」といわれる《世紀末の騎士》が現存する――。

 これは18世紀に解剖学者オノレ・フラゴナールによって作られた皮剥標本(エコルシェ)で、内臓剥き出しとなった人体が、剥き身の馬に跨がっているというもの。本物の死体の心臓部分から全身の血管に熱した蝋を注入して膨らませ、着色して仕上げたものなのである。

標本製作に飛び抜けた才能を発揮したオノレ・フラゴナール

 18世紀、近代到来の象徴ともいうべきフランス革命(1789年)の時代――。オノレ・フラゴナールは、標本製作において飛び抜けた才能を発揮した人物である。

 1732年にグラースで生まれたオノレ・フラゴナールは、有名なフランスの画家ジャン・オノレ・フラゴナールの従兄弟にあたり、解剖学の世界において、その芸術的な才能を大いに開花させたといえる。

 当時、フランス王室はリヨンに世界最初の獣医学校を作り、人体を他の哺乳動物と比較して研究するため、哺乳動物の系統的な解剖模型の製作を進めた。フラゴナールはそこで標本技師を務め、1766年、パリに獣医学校を新設する際には、学長に任命されたのだ。

 そこで彼は人間と哺乳動物の比較研究のため、各種の動物標本ばかりか、人体標本にまで挑んだ。徹底した近代精神のもと、標本は芸術作品の領域にまで高められ、今もなお標本の最高傑作といわれるものが生まれたのである。

>>ヘルスプレスで続きを読む/HEALTH PRESS

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。