>  >  > 三笠宮さまは天皇家の“ヤバい秘密”をご存知だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
Mikasa.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 先月27日、三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が薨去(こうきょ)され、今月4日には一般人の本葬に当たる儀式「斂葬(れんそう)の儀」が東京都文京区の豊島岡墓地で営まれた。昭和天皇の末の弟君で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮殿下は、古代オリエント史の学者としても知られるが、当初から研究のメインテーマが「古代イスラエル」そして「聖書」だったことは、あまり知られていない。

 天照大神を先祖とする皇族が、異国の宗教であるユダヤ教の聖典を研究されるというだけでも興味深いが、実は三笠宮殿下は、古代イスラエルと日本の皇室との関係、つまり日ユ同祖論的な学説について多大な関心を持たれ、調査されていた節があるのだ。もしも日本の天皇家と古代イスラエルにつながりがあるとすれば、日本の歴史がひっくり返る事態となる。今回は、三笠宮殿下と日ユ同祖論の謎に迫ってみたい。


■八咫鏡の裏にヘブライ語!? 三笠宮殿下は調査を約束していた

 第二次大戦時、三笠宮殿下は陸軍少佐として出征されていた。その際、敵のことをよく知ろうとキリスト教について調べられたが、聖書に記述された内容が架空の物語などではなく歴史的事実に基づいていることを知った時、そこから離れられなくなってしまったという。そして終戦後は、東大の研究生として古代オリエント史を専攻された。しかも、旧約聖書は翻訳では真意がつかみにくいという理由からヘブライ語を学ばれ、後にユダヤ人と普通に会話できるほど堪能になられたという。

Mikasa_4.jpg
八咫鏡 画像は「Wikipedia」より引用

 やがて歴史学者になられた殿下は、昭和28年1月、日本とユダヤの関係を研究し親善を深める目的で結成された「日ユ懇話会」の会合に出席された。その席上、天皇家に伝わる「三種の神器」の一つである「八咫鏡(やたのかがみ)」の裏に、ヘブル語(ヘブライ語)で「我は在りて有る者」と書かれているという噂が話題となった。

 この話には、さまざまな逸話が残されている。明治時代に文部大臣を務めた森有礼(ありのり)も関心を持ち、伊勢神宮へと赴くと、天皇でも見ることを許されない八咫鏡を大臣の権限として特別に頼み込んで見せてもらったという。すると、そこには実際に「我は在りて有る者」を意味する文字が書かれていたというのだ。

この話に強い関心を持たれた三笠宮殿下は、いずれ調査すると語られた。このエピソードは、同席していた東京イブニングニュースの支局長がスクープして話題となったが、その後で実際に調査されたかどうかについては発表されていない。


■天皇家には何らかの秘密がある?

Mikasa_5.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 この逸話を耳にした筆者は、大きな疑問を抱かずにはいられなかった。まず、このような八咫鏡に関する怪しげな噂話について、三笠宮殿下はヘブル語に堪能なオリエント史学者として、一笑に付すことが通常の反応ではないかと思うのだ。しかし殿下は、そうなさらず、なぜ「真相を調査する」と語られたのか? 実は皇室に、古代イスラエルとのつながりに関する何らかの話が伝わっており、そのような可能性があり得ると判断されたのだろうか?

 それ以前の疑問として、そもそも三笠宮殿下はなぜオリエント史、特に古代イスラエル史を研究されるようになったのだろうか? もちろん公式には、前述のような理由から聖書に惹かれたということになってはいるが、実は天皇家と古代イスラエルのつながりについて皇室内で秘密にされていることがあり、あらかじめ何らかの秘密をご存知だったのではないだろうか?

隠された十字架の国・日本 ― 逆説の古代史

隠された十字架の国・日本 ― 逆説の古代史

謎に満ちた日本とユダヤ、キリスト教のつながり

コメント

2:匿名2016年11月23日 13:47 | 返信

日本史の空白の400年
天皇家が一切考古学者に調査をさせなかった

1:匿名2016年11月 8日 20:48 | 返信

隠されていた事実
そろそろ明かされるよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。
スーパーフードの王様 マヤ文明の知種(チアシード)