>  >  > 火星で「ブロンド少女の遺体」が発見された!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 火星探査機「キュリオシティ」がまたとしても、とんでもないモノを撮影してしまった!なんと、火星の岩石表面に「少女」が写り込んでいるというのだ。火星に知的生命体が存在する決定的な証拠をついに発見か?

 今回の発見者は、世界的に著名なUFO研究家スコット・ウェアリング氏ご本人。「キュリオシティ」が、11月3日 17時36分49秒(協定世界時、UTC)に撮影した画像の中に、不可解なモノが写り込んでいることに気付き、すぐさま自身のブログ「UFO Sightings Daily」に取り上げたそうだ。

 それでは早速、ウェアリング氏が「普通じゃない」と興奮する画像をご覧頂こう。

martiangirl_01.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 ヒトのようなものが岩石の表面に浮かび上がっているではないか! モノクロ画像ではイマイチ輪郭が分かりづらいが、人間の全身を象ったもののように見える。岩石表面に彫られた像であるか、それとも比較的新しい地球外生命体の化石(遺体?)だろうか……。サイズを正確に割り出すことは困難だが、手前に見えるキュリオシティの機体部分と比較すると、それほど大きくはないようだ。人間よりもずっと小さいのではないだろうか。これまでに火星で発見された「体長3cmの怒り狂う小人」や「体長5cmほどのうろつく小人」など複数の小型ヒト型生命体と同じぐらいか、少し大きい程度かもしれない。それにしても、一体これは何なのだろうか? 

martiangirl_02.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 着色画像でハッキリと分かるように、ウェアリング氏は、ピンクのドレスを着たブロンドの少女の彫像(色の選定はウェアリング氏の独断)だと考えているようだ。

「人間のような種族を象った彫刻は過去に数回発見しています。火星の彫刻は何百と見つけていますが、人間に似たものは少ないです」
「今回発見された少女の彫像は、まるで18世紀のドレスらしきものを着ています」
「ただ奇妙なのは彼女の胸です。乳房が上下についているように見えます。横並びの乳房を持つ地球人の女性とは違うようです」

コメント

5:匿名2016年12月17日 13:54 | 返信

トカナ関係あるだろ。
著名とはいえ証明もされてないとこを言ってるだけの変人とも言える人の説を載せてるのだから。
まあ頑張れとしか言えないけど。

4:匿名2016年11月10日 17:34 | 返信

岩ですね

3:匿名2016年11月 9日 15:09 | 返信

いやいやトカナ関係ないし。
超有名な研究家が発表してるんだろ。

2:匿名2016年11月 9日 10:25 | 返信

これが、トカナ。

1:匿名2016年11月 9日 10:14 | 返信

むりやり過ぎるw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。