• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13
関連キーワード:

ひよこ鑑定士

,

ヒヨコ

,

山下史郎

,

殺処分

※2頁目に衝撃的な動画と画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1611_chicksinblender_1.jpg
動画は、「vimeo」より

 日本の民間資格のひとつに「初生雛鑑別師(しょせいひなかんべつし)」というものが存在する。初生雛鑑別師の仕事は、生まれたばかりのヒヨコの性別を鑑別すること。「ヒヨコ鑑定士」と言えば聞いたことがある人もいるかもしれない。ヒヨコの性差は非常に少なく、1日に7,000~10,000羽を仕分けなくてはならない鑑定士は、相当の集中力がなければ資格を取ることができないそうだ。

 羽毛や肛門の違いによってオス・メスを区別してヒヨコを仕分ける目的は、メスであったら鶏卵用、オスであったら食肉用といったように、餌やりなどの飼育環境を変えるためだ。しかし現在、採卵鶏として最も一般的に飼育されている“白色レグホン”は肉用に向かないため、オスは種鶏などを除いて多くの場合はそのまま殺処分されるようだ。

 その殺処分の方法とは、ミキサーやシュレッダーのようなもので“生きたまま粉砕する”というもの。ネット上に公開されている殺処分の映像では、数千羽のヒヨコが不要になった殻と一緒にベルトコンベアに乗せられ、刃がグルグルと回った巨大ミキサーへ無常に落ちていくところが収められている。ピヨピヨと鳴く生まれたてのヒヨコは、自身に何が起こったのかも分からないまま、死を迎えているようだ。他にも、数十羽を一カ所に集めて吸われるように粉砕する機械を使ったり、そのままゴミ箱に捨てられる、窒息死させられるといった方法もあるようだ。

1611_chicksinblender_2.jpg
動画は、「YouTube」より

 このような殺処分は残虐だとの声が上がるのは当然で、世界的に批判の対象となっている。しかし、卵を産むことができず肉も食べられないオスを育てるには、養鶏場にとってコストがかさむ一向で、利益にならないといった理由があるため難しい問題のようだ。

 しかし、オスの殺処分を防ごうとする動きもある。年間で約3億羽のオスが処分されているとされるアメリカは、2020年までにオスの殺処分を廃止することを宣言した。

 また、先月28日頃には、卵の表面の非常に細かい穴から漏れるガスを検出することで、ヒヨコが卵から羽化する前に性別が分かる技術が発表され、殺処分廃止に利用できるのではと期待が寄せられている。こうした技術革新によって鑑定士は淘汰されてしまうかもしれないが、世界中で毎年何億というヒヨコの命が助かるのならば止むを得ないのかもしれない。
(文=山下史郎)


※次頁に衝撃的な動画と画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

13:匿名2018年7月 2日 21:47 | 返信

法律で禁止しろとか言うやついるけど、
これだけを法律で禁止したところでだから?って感じ。
ペット業界でも行き場のなくなった動物達は引き取り屋なる人が引き取って結局狭い折で自由の無い生活を強いられた上で殺されてるんだよねえ
生まれたばかりの雛殺すのを禁止したところで、問題は解決しないよ。
感情論で何でも禁止禁止いう前に、それが現実になったらそこからどう言う問題が起こるか冷静に考えようね。

12:匿名2018年4月21日 23:25 | 返信

卵は食べたいがこういう悪魔のような残忍な手法を取っている業者の卵は絶対に買いたくないな。
利益がどーの以前の問題。生命に対する冒頭。
日本も法律で禁止にしてもらいたいものだ。

11:匿名2018年4月20日 20:50 | 返信

この世界は悲しみで満ち溢れている
こんな世界にもう生まれてきたくない

10:匿名2018年4月17日 21:23 | 返信

人生を楽しめもせず、生まれた途端何があったのかわからないまま死を迎えさせるのは人間としての行為から外れいてます。
法律で禁止すべきことです。

9:匿名2018年3月 7日 10:27 | 返信

>>7

では人類そのものである、あなたからまず滅びればいい

8:匿名2018年3月 3日 09:16 | 返信

ひどいけど見てるとなんか癖になるわ

7:匿名2018年2月 6日 12:26 | 返信

実に醜く浅ましいな人間というものは
我々人類は早く滅びるべきだ
こんなことがいつまでも続いていいわけがない

6:匿名2017年11月23日 00:27 | 返信

なにも殺すことが目的ではなく結局はコストや生産性を求めた結果なわけだから、この方法を止めさせるには、メス以外が必要ないのならメスしか生まれないように生化学的な研究を進めるか、記事にもあるように卵の段階で判別するかだね。
しかし卵の段階とはいえもうバロットになるくらい中身は出来ているだろうから、命の起こりを羽化の前後で分けるのは人の倫理観次第、人間のエゴのような気もするわけで…個人的には卵は食べたいのでこの方法を否定はしません。

5:匿名2017年10月26日 21:22 | 返信

>>2
知ったような事を抜かすな
保健所の犬猫に対しても同じことを言うのか?

4:匿名2017年6月 9日 17:33 | 返信

3匿名 少なくともこのひよこたちは肉なり卵なり提供する側なんだよね?

違います。

人間と対等です。

3:匿名2017年4月29日 23:02 | 返信

食用に何かするんじゃなくて、人間をセーブしたら?人殺し、DQN、社会不適合、様々を殺処分したら? 少なくともこのひよこたちは肉なり卵なり提供する側なんだよね?いらない人類を間引いて、こういう自然界の掟を無視した殺戮を減らしたほうがよほど良いと思うのだが。

2:匿名2017年2月25日 20:54 | 返信

どうせ長生きしても食肉用で殺される
たとえメスとして生きて卵を産み続けてたとしても、狭い檻の中で自由など与えられず毎日品質のよい卵が産める餌しか与えられず老いたらやっぱり殺処分。

可愛そうとか言う人居るかもしれないし、命を無駄にするなというかもしれないけど
こういう犠牲の上に人間って生存してるんだよ。

ちなみに、多分だけどこの後元雛たちは動物園の肉食獣の餌になるか農園の肥料に変身して
姿を変えてやっぱり人間が食べるんだよ

1:匿名2016年11月23日 13:35 | 返信

とても可哀想だけど、ある意味昔縁日で売ってたヒヨコやカラーヒヨコはその可哀想な命を救済する1つだったのかなぁ……

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。