>  >  > 女遊び、恫喝… LDHの素行が悪すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
HiGHandLOW.jpg
HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』(rhythm zone)

「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“レコ大買収疑惑”の波紋が広がり続けている。昨年、日本レコード大賞に輝いた「三代目J Soul Brothers(以下、三代目)」が所属する「LDH」から、芸能界のドンこと周防郁雄氏率いる「バーニングプロダクション」に1億円もの裏金が流れていたというものだ。

 同誌には証拠となる1億円の請求書の写しが掲載されており、もはや「知らぬ存ぜぬ」では済まされない話となった。なかでも悲しんでいるのが、三代目の熱狂的なファンだ。昨年の大賞受賞時、メンバーが涙ぐんでいただけに「あの涙が嘘なはずがない!」というものから、余計な報道をした文春に対し「ふざけんな」「許せない」といった声まで飛び交っている。

 しかし、それとは対照的に一部の芸能関係者からは「調子に乗ってたバチが当たった」という意見も……。音楽関係者が明かす。

「デビュー当時は平身低頭だったメンバーも、売れていくにつれ、仕事先で露骨に気だるそうな顔をするようになった。打ち合わせ中もスマホをイジってるし。LDHのトップであるHIROさんも彼らに気を遣う有様で、それまではHIROさんがOKしていれば良かった案件も、いちいちメンバーに確認を取らなければいけなくなった」

“女性関係”もお盛ん。スポーツ紙記者は次のように語る。

「メンバーには大体複数の女性がいる。8月に登坂広臣とローラの熱愛が女性誌で報じられたが、あんなのはよくあること。AKBと違って恋愛NGではないため、事務所側も『バレないようにうまくやれ』としか言わない」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。