>  > 親友をAIとして復活させたプログラマー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 親しい人が亡くなった時、 ――特に死が突然であった場合――その人の死を認めることは難しい。しかし急速に進化しているAI(人工知能)によって、親しい人が死んでもその人と別れなくてもいいようになるかもしれない。と言っても、死がなくなるわけではないのだが……。


■突然の事故死を遂げた友人をAIで復活させる

 2015年11月、ロシアのAI企業である「Luka Inc.」社の共同創立者兼最高経営責任者ユージニア・クダは、親友かつ同僚のハイテク起業家ローマン・マズレンコを事故で失った。その死はあまりにも突然で、ローマンは火葬されたもののお墓もまだ用意できていない。

 そこで彼の死の3カ月後、クダはAIのチャットボット(人工知能を活用した「自動会話プログラム」)として、ローマンを死から蘇らせた。彼女はローマンの全てのデジタル記録(写真、記事、そして膨大なSNSメッセージ)をAIに与え、チャットボット「@Roman」を作り上げた。ローマンを知る人のほとんどは、そのチャットボットはまるで本当のローマンのようだと驚く。

deceasedfriendai1.JPG
在りし日のローマン 「Odditycentral」の記事より

 ルカ社のiOSアプリをダウンロードすれば誰でも「@Roman」とタイプするだけで、英語かロシア語でローマンとチャットできる。

 ローマンの友人の多くは、クダの作ったチャットボットの「@Roman」と会話を試みたが、それは驚くほど「本当のローマン」との会話に似ていると報告している。しかし、この「@Roman」との会話が「精神的な癒し」になると感じる人もいれば、「不自然で不気味」と感じる人々もいるようだ。

 例えばローマンの両親でさえ、「@Roman」には、それぞれが異なる感情を持つと話す。母親は、「このようなテクノロジーがあることを幸運に思います。私の質問に対するローマンの返事を読むと、私は彼についてさらに知ることができたような気がします」と話す。

deceasedfriendai2.JPG
「チャットボット:ローマン」との会話 「Odditycentral」の記事より

 一方父親は、コンピューター・プログラムと話すことは難しいと認める。「ほとんどの場合、このコンピューター・プログラムは息子のような返事をします。しかし時に間違った返事をして、息子が本当はいないのだという現実を思い知らされて辛い」と語る。

関連キーワード

AI

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。