>  >  > 【閲覧注意】ベネズエラの刑務所で起こった共食い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1611_cannibalisminvenezuela_1.jpg
画像は、「Best Gore」より

 南米のベネズエラは現在、輸出の95%を占める原油の国際相場が低迷したことで経済が危機に陥っている。さらに食品や医療品が不足しており、ベネズエラ国民はマドゥロ大統領の退陣を求める大規模デモを全国で行うなど、社会全体で混乱が続く。

 この経済と政治の混乱は、元々良くないベネズエラの治安をさらに悪化させる原因になってしまった。ベネズエラの刑務所は治安の悪化によって過密状態となり、刑務所内では拳銃や違法薬物の取引、囚人同士による抗争、日常的な拷問や殺人など、無法地帯となっている。今月4日、世界の悲惨な事件や事故を集めるサイト「Best Gore」に、囚人同士による“共食い”の映像が公開された。


■刑務所で起こる残忍な行為

 すでに傷だらけで横たわる2人の囚人たち。1人は顔を足で踏みつけられ、もう1人はモゾモゾと動いている。モゾモゾ動いて何をしているのかと映像を見続けると、顔を踏みつけられている囚人の耳を必死に噛み千切ろうとする所であった。その後も耳に歯を立てる囚人であるが、なかなか噛み切れないようだ。やっと噛み切ったと思うと、モグモグと口を動かす。撮影している囚人に耳を食べるように強制されているようだが、何が原因でこのような事態になったのかは不明だ。

 以前紹介したが、ベネズエラの刑務所では「溶けたプラスチックを全身に垂らされた上、切り取られた自分の指を食べさせられる囚人」など、残酷な映像がネットに出回っている。他にも女子学生に暴行を加えたとして逮捕された男が、刑務所内で何度もレイプされ、肛門にナイフを刺されて殺害されるという事件も起きている。

 ベネズエラ政府は治安悪化による凶悪犯罪を防ぐため、今年9月に“銃と家電製品を交換する”というイベントを開催。1,130人が銃と引き換えにテレビや電子レンジといった家電を手に入れた。同イベントにはネストル・レベロル内相も出席し、参加者に感謝の言葉を述べたのだが、レベロル内相は麻薬取引に関する容疑で米国で訴追されているのであった…。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年9月 8日 22:13 | 返信

日本の場合も
1.女をレイプした者
2.老人と子供を殺害した者
3.親殺し
上記は徹底的にいじめられるそうなので
犯罪に憧れているみなさん気を付けて
看守も時間かけてゆっくり助けるそうですよ

3:匿名2016年11月12日 03:30 | 返信

気分が悪くなった…

2:匿名2016年11月11日 21:54 | 返信

大昔でもこんなことやらんだろ
ライオンかよ

1:匿名2016年11月11日 21:08 | 返信

刑務所内で、こんな行為を許している看守や国自体、問題外。どんな国だ幻滅だわ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?