>  >  > 耳を腕で培養して再建→側頭部にくっつけて完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

再生医療

,

吉井いつき

,

培養

,

移植

,

NewEar.jpg
画像は、「The Daily Mail」より引用

 再建外科という医療分野をご存知だろうか。先天的な異常、事故などによる怪我、病気の手術等で欠損した部分を正常な状態に戻す専門領域だ。近年、この分野の研究が飛躍的に進み、自分の体で移植用のパーツを培養するという、SFのような技術が現実になっている。今月9日付の英紙「Daily Mail」でその衝撃的な治療の光景が紹介された。記事によると、なんと今回の患者は、自らの腕で自らの耳を培養しているというのだ。

NewEar_2.jpg
画像は、「The Daily Mail」より引用

■バラバラにちぎれてしまった耳は、諦める

 治療を受けているのは、中国・陕西省に暮らす男性である。彼は1年ほど前に交通事故に遭い、右頬と右耳に大きな損傷を負ってしまった。治療のために何度も手術を受けたが、バラバラにちぎれてしまった耳の再建は、従来の再建法では難しかった。

 そこで彼が頼ったのが、西安交通大学第一附属医院の形成外科医である郭淑忠氏だ。彼は中国の形成外科の第一人者で、2006年には同国初の顔面移植にも成功している。


■驚愕の手術手順

NewEar_3.jpg
画像は、「The Daily Mail」より引用

 今回の治療法は、次のようなものだ。まず、患者の右前腕に拡張器を埋めて皮膚を伸ばし、耳の原型を埋めるための空間を作る。次に、肋骨の軟骨を取り出して耳の骨格を作る。患者本人の組織を使うため、拒絶反応などが起こりにくいという利点がある。この骨格を腕の皮膚を伸ばした中に埋め込むと、その周囲に新しい細胞が増殖して移植用の耳が培養される。そのまま3~4カ月待てば、新しい耳のでき上がりというわけだ。最後にこの耳を切り出し、失った右耳の部分に接合する手術を行う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。