>  >  > 「倖田來未とEXILEは田舎で人気」レコ大報道で窮地のTBS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

EXILE

,

レコード大賞

,

倖田來未

91iyZZ1LZJL._SL1500_.jpg
画像は、『Lightning(DVD付) Single, CD+DVD』(rhythm zone)

 裏金1億円騒動で打ち切りも囁かれているのがレコード大賞。もはや、この番組を楽しみにしている視聴者がどれだけいるのかは謎なところなのだが、芸能関係者の間ではいまだに権威のある番組として君臨している。

「そもそもが、スポーツ新聞とTBSが審査員の大半を占めている時点で相手にしていない事務所も多く、その最たるがジャニーズ事務所です。毎回のようにレコ大側が大賞を渡したいとオファーしても、SMAPや嵐は出演NGを出してきた。

 ただ、なぜかエイベックスだけはレコード大賞に固執してきた過去があります。理由としては、浜崎あゆみを始めEXILE系、倖田來未などエイベックスのアーティストは田舎で売れる傾向にある。レコ大は視聴率が下がったとはいえ、これだけネットが普及した世の中でも田舎では絶大的に宣伝効果があると信じているようです。

 今回の露呈した1億円に関しても、テレビCMを年末に打つと思えば安いもの、という考えもとで成立しているようですよ」(民放関係者談)

 レコード大賞が公共の電波を通じて「今年一番注目された歌手」を表彰するということが、どれだけ薄ら寒いことなのか正常な神経をした視聴者ならば理解できるだろうが、まさに視聴者など置いてけぼりなのが今回の騒動だという。

「現在は、バーニングがエイベックス、そしてLDHを呼び出して犯人探しをしているようです。ただ、文春に渡った資料がコピーだったことで、どこの時点で漏れたのかが解明できないとのこと。しかし、バーニングはメールの履歴まで調べろと本気モードだとか。また、この騒動は放送局であるTBSへも飛び火して、レコ大の関係者に内々で聞き取り調査が行われているともいわれています。TBSは過去にもオウム真理教事件や乱交騒動など、とにかく民放の中で社員の不祥事が多い。すでにTBSを退社した社員にまで金銭の供与はあったのか聞き取りをしているともいわれています。

 文春も、今回は取材班をしっかりと組み本気の体制なので、TBSの責任問題にまで持っていくため、第二第三の極秘資料もあるということです。特に、夕刊紙が報じたレコ大関係者の怪死事件などレコ大の闇はまだ深い。TBSとしても視聴率も高くない中で、番組の辞め時だと判断し、早々に今年で最後のレコ大にする準備をすでに進めているといいます。

 特に、報道部門からは今年のレコ大もそもそも中止にしろという要請もあるようで、このままレコ大が消滅する可能性が高くなってきました」(レコード会社関係者談)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。