>  > 悲惨極まるフジテレビに打開策なし?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1118kaiabe_01.jpg
※イメージ画像:フジテレビ系『カインとアベル』オフィシャルページより

 どこまでフジテレビは落ちてしまうのか。同局の代名詞とも言われた月曜21時のいわゆる月9枠の低迷がとどまるところを知らない。2016年1月クール『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の視聴率が全話平均で9.7%(ビデオリサーチ関東地区/以下同)と同枠で過去最低を記録したと思いきや、4月クール、高視聴率男・福山雅治を主演に据えた『ラヴソング』で、全話平均8.5%とワースト記録を更新してしまった。

 現在放送中の『カインとアベル』も初回8.8%から始まり、8.6%、6.9%、7%、7.6%と低空飛行にとどまっている。5話までの平均は7.8%で、このまま行けばなんと年内3度めのワースト更新となってしまう。こうした悲惨な状況にフジテレビとしては打開策を見出しているのか。

「正直、打開策と呼べるようなものは何もありません。面白いと思ってドラマは作っていますが、それがまったく世間に響かないという状況が長々と続いているわけです。ただ、言い訳がましいですが、『カインとアベル』のビデオ録画率は高いんです。そのため、視聴習慣が変わったことも低視聴率の要因のひとつと考えており、現在の視聴習慣に合わせた打開策も模索しています」(テレビ局関係者)

 たしかに視聴習慣は10年前や20年前とは大きく変わっているが、テレビ業界は時代の変化に対し、どう対応しようとしているのか。

「最近のドラマはタイムフリー視聴を可能にしています。リアルタイムで見られなかった人に1週間などの期間限定でネット配信しているわけです。TBSが最も積極的で、シンプルなホームページでたくさんの視聴数を獲得していました。こうした数字もスポンサーに提案できるので、リアルタイム視聴以外の視聴者獲得も重要視されているのです。フジテレビはこの点で後手に回っていましたが、最近やっと同じように配信を開始しました」(同)

コメント

1:匿名2016年11月28日 04:14 | 返信

韓国ゴリ推しが没落の始まりだったなぁ
そりゃ日本下げて韓国なんぞ持ち上げてたら日本人は誰も見なくなるわ
当時のフジはどの番組見てても無理やり韓国持ち上げのネタ入れてきてほんと不快だった
まぁ岡村さんのアドバイス通り嫌なら見なきゃ良いを実践してストレスは無くなったが
次はTBSだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。