• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

Smart.jpg
エリザベス・スマート 画像は「CBS News」より引用

■悲劇は、ある日突然に

 2002年6月5日、深夜2時――14歳のエリザベス・スマートが、米ユタ州ソルトレイクシティの自宅寝室から誘拐された。エリザベスは9歳の妹メリーと同じ部屋で寝ていたが、犯人はエリザベスだけを狙い、ナイフで脅して連れ出した。横で寝ていたメリー・キャサリンはその一部始終を見ていたが、恐怖のあまり動けなくなり、両親の寝室へと向かい「エリザベスが知らない男に連れ去られた」と告げたのはしばらく経ってからだった。

 姉妹の母親ロイスは床に座り込むメリーに寄り添い、父親エドワードは「悪い夢でも見たんじゃないか」と思いつつ家の中を見回ることに。キッチンに水でも飲みに向かったのではないかとも考えたが、そうではない。ほかのどの部屋にもエリザベスはいなかった。そして明かりをつけると、キッチンの網戸がナイフで引き裂かれている。呆然とする両親にメリーは、「見つけられないよ。だってあの男が連れて行っちゃったんだから」と泣いた。両親はすぐに警察に通報。混乱するとともに、エリザベスが今どんな状況に置かれているのかと考えると気が狂いそうになっていた。

Smart_2.jpg
警察の聴取を受けるメリー 画像は「YouTube」より引用

 警察はすぐに駆けつけ、自宅とその周辺を捜索した。何者かがキッチンの網戸を破って家に侵入したことはほぼ間違いなく、犯人は細身の体型だと推測する。キッチンの窓は高い位置にあったが、外に置いてある椅子を背中合わせにして固定し、よじ登って侵入したようだった。家にはアラームシステムもあったが、6人の子どもたちがキッチンに水を飲みに来るなど家の中を移動するたびにアラームが鳴ってしまうため、作動させていなかった。犯人にとっては実に好都合だったというわけだ。

 警察は、唯一の目撃者であるメリーに事情聴取を行った。敬虔なモルモン教徒の家庭で育つ子どもたちはみな素直で、ウソをつかず、信頼できるものだと刑事たちは期待した。メリーは男が「静かにしろ。大きな声を出したら撃つぞ。でも静かにしていれば危害は加えない」と言ったと証言。「聞いたことがある声か?」との質問には「イエス」と答えたが、どこで聞いた声だったかはどうしても思い出せなかった。

 そして警察は、この手の児童誘拐事件は性犯罪目的であることがほとんどであり、なおかつエリザベスは犯人の好みだったためにターゲットに選ばれたのだろうと睨んだ。


■事件に群がるメディア

 前述のようにスマート家は敬虔なモルモン教徒であり、両親はエリザベスに対して妹や弟たちの良き手本として神への信仰心を強く持つよう教えていた。そしてエリザベスは、多くのアメリカ人が理想とする“心の美しい”純粋な娘へと成長していた。趣味は乗馬とハープ演奏。友だちも多く、家族との仲も良く、不純異性交際やインターネットやチャットにハマることもなかった。そのため警察は、この年の女子にありがちな家出や、ボーイフレンドやネットで知り合った男との駆け落ちの線はないと早々に判断した。

Smart_3.jpg
カメラの前で訴えるエドワード 画像は「YouTube」より引用

 朝になり、警察はエリザベスが誘拐されたことを発表する。エドワードはマスコミのカメラを通して、犯人に向かって「娘を返して下さい」と訴えた。目撃情報を得るため、彼は娘の写真や映像も提供。メディアはこれを流し、全米が「今時こんな純粋で清純な女の子がいたのか」と驚くとともに「誘拐され、さぞかし怖い思いをしているだろう」と同情した。

 誘拐事件発生後、被害者の生存率は時間を追うごとに下がるといわれている。24時間以内に生きて発見できる確率は70%、48時間以内なら50%、72時間以内なら30%という統計もある。そのためエドワードは、地域住民たちに捜索を手伝って欲しいと呼びかけた。この呼びかけには1日で1,800人もの住民が応じ、捜査ボランティアとして登録した。ここまでのサポートがあるなら、エリザベスは早く発見できるのではないか――。期待は高まった。

 その後エドワードは、「子どもにとって一番安全であるはずの寝室で誘拐を阻止できなかった」自分を責め、倒れて病院に運ばれたが、神への信仰心をより一層強めることで乗り切ろうと踏ん張った。しかし事件発生から6日後、エドワード本人と、誘拐発生直後から惜しみなく協力してきたエドワードの兄弟がFBIに呼ばれ、ポリグラフテストを受けるよう促される。テストは休み時間を挟みながら7~8時間も続き、ほとんど寝ていなかった彼らにとって極めて苦痛だった。だが、エリザベスが今置かれている状況を考え「あの子の苦しみよりもマシなんだから」と歯を食いしばり、なんとか乗り切ったという。

 FBIの捜査は形式的なものだったが、タブロイドは「家族に容疑者がいる」「金銭問題を抱えていた」などと書き立てた。家族はこれらの報道に深く傷ついたが、怒るよりもエリザベスの捜索にエネルギーを使いたいとぐっと堪えた。

My Story

My Story

壮絶誘拐事件の真実

コメント

7:匿名2018年6月11日 00:22 | 返信

某番組で紹介されていたが
この人は現在優しそうな男性と結婚して子供がいるのがすごいな
男だが子供の頃性虐待経験があり家庭を作ることは考えられない
笑顔に影を感じない美しい女性だ
もちろんそう見えない努力をしているんだろうけど

6:匿名2018年1月29日 05:05 | 返信

興奮した

5:匿名2017年6月 6日 03:30 | 返信

向こうの刑事警察も大変だ 次々と殺人薬銃賄賂誘拐事件が起こるわ面倒臭いわ
そりゃもう家族が犯人でもいいかなぁーいいともーて感じなんだろうな 
ジョンベネ事件の刑事警察にも共通してるし まぁその代わり賞金稼ぎがいるし
金持ちなら犯人に賞金掛けてウォンテッド 

4:匿名2017年4月 8日 22:41 | 返信

必ず毎回、3みたいなことを言うバカが出現するよな

3:匿名2017年3月21日 15:15 | 返信

この子頭悪くない?
逃げれるタイミングだらけじゃん。

2:匿名2017年3月17日 22:13 | 返信

「つらいのはあなただけじゃないんだよ」っていう言葉は強みにならない。なにそれってなる。
この辛さは私にしかわからない。辛さは他の人と比較するものじゃないから。
今辛くて困っているのに「辛いのはあなただけじゃない」なんて言われたら、否定された気分になるね。

1:匿名2017年3月 6日 03:59 | 返信

生きて戻れて良かった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?