>  >  > 幼児を輪姦、獣姦強要! 「悪魔的儀式虐待」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
TrueDetective.jpg
事件の現場となったホサナ教会 画像は「The Daily Mail」より引用

■牧師による突然の告白

 2005年5月16日、午後1時15分――。1人の牧師が米・ルイジアナ州リビングストン郡の警察署を訪れ、いきなり信じがたい内容の犯罪を自首した。牧師の名はルイ・ラモニカ・Jr(54)。彼は、自らが教えを説くホサナ教会で、仲間たちと「悪魔的儀式虐待」を行っていたというのだ。

TrueDetective_6.jpg
被害者の少年少女が描いた絵 画像は「YouTube」より引用

 悪魔的儀式虐待とは、悪魔崇拝者たちが儀式の一環として小さな子どもを性的・肉体的に虐待すること。アメリカでは都市伝説のように語られるが、実際にそのような行為に及んでいる者はまず存在しないと考えられている。その悪魔的儀式虐待が、現実に、あろうことか教会で行われていた。幼い子どもたちをレイプし、また子どもたち同士でセックスするよう命じ、さらに犬などの動物ともセックスするように強要したという。

 自白したルイは加害者である仲間の名前、性的虐待を受けた被害者の名前を淡々と挙げていった。こうして、田舎町の教会で繰り広げられていた恐怖の悪魔的儀式虐待を全米が知ることになったのである。


■教会という密室に住みつく信者

 世にも恐ろしい事件が発覚する数十年前、そのホサナ教会はたくさんのキリスト教信者が通う活気あふれる教会だった。同教会を立ち上げた先代の牧師ルイ・ラモニカは人格者であり、信者から厚い信頼を得ていた。彼の説教を聞くために多くの人々がミサに集まり、まさしく地元のアイコン的存在だったという。もともとこの地区にはキリスト教信者が多く、ほかにもいくつかの教会があったが、ルイのカリスマ性おかげでホサナ教会は人気を博していた。

 しかしルイが死去し、ガス会社で働いていた息子のルイ・Jrが「自分が教会の後継者になる」と名乗りを上げたものの家族が猛反対、親族内での争いが生じた。一時期は1000人いた信者たちも「ルイ・Jrについていけない」とホサナ教会を離れていった。さらにルイ・Jrが自ら追い出した信者もいたという。結果、教会に残った信者はごくわずかになり、みな一癖のある問題人物ばかりだった。田舎の教会ということもあり、同教会は大きな建物で敷地も広かったが、やがて残った信者のほとんどが教会に住み込むようになり、彼らは閉鎖的な空間でつながりを深めていった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?