>  > フジHDのウソが次々発覚! “フジ株主総会裁判”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

フジテレビ

,

ヤラセ

IMG_2734.JPG
株主総会の様子

 社員株主による株主総会のリハーサルは、業務時間内に行われた。そう証言したのは、フジ・メディア・ホールディングス(フジHD)株主総会で、ヤラセ質問をした、フジテレビ(フジHD全額出資子会社)のデジタルマーケティング部長本人である。

社員株主は業務とは関係なく、本人の意思で株主総会に出席したという、これまでのフジHDの主張は、法廷の場で覆されたのだ。

 フジHDの株主である松沢弘氏と山口三尊氏は、ヤラセ社員株主の質問があまりにも多く、一般株主の質問の機会が奪われていることなどから、フジHDを相手取り、2014年と2015年の株主総会の決議取消を求める訴訟を、東京地裁で行っている。

 証人として出廷したデジタルマーケティング部長と、事務局として株主総会を取り仕切っていたフジHD総務部長(フジテレビ総務部長を兼務)の口から、株主総会の実態が明らかになったのは、11月17日(木)に東京地裁で開かれた、2015年フジHD株主総会決議取消裁判でのことである。

 最初に証言台に座ったのは、デジタルマーケティング部長。フジHD弁護人の質問にも、2015年の株主総会のリハーサルに2回参加したことを認めた。フジテレビには部長が100名ほどいるので、「会社幹部と呼ばれることには違和感があります」と答える。

 法廷では氏名も明かされたが、ここではデジ部長と呼ぶことにしよう。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年11月20日 23:53 | 返信

これって、上場企業は、ほぼすべて同じでしょ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。