>  >  > 火星に着陸した「ハート型UFO」=NASA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 宇宙開発において、月に次いで人類を魅了してきた火星。60年代にソ連や米国が火星探査に乗り出してから、半世紀あまりに渡って包括的な調査が続けられてきたが、トカナ読者にもお馴染みの火星探査機「キュリオシティ」の活躍は、未だに我々の好奇心を刺激してくれている。だが、火星を狙っているのは、どうやら人類だけでは無かったようだ。なんと、火星に不時着したと思しきUFOが発見されたというのだ!

 YouTubeのUFO研究チャンネル「UFOvni2012」が公開している情報によると、問題の画像は、NASAが1996年に打ち上げ、2007年に調査終了した火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が、2000年頃に撮影したもののようだ。オリジナル画像は同探査機のカメラを運用していたマリン・スペース・サイエンス・システムズ社 (MSSS) のウェブサイトから見ることができる。長らく埋もれていた画像だが、UFO研究家のエフレイン・パレルモ氏が同アーカイブから発見したそうだ。

 なにはともあれ、まずは画像をご覧頂こう。

ufocrash_02.jpg
画像は「YouTube」より引用
ufocrash_01.jpg
画像は「YouTube」より引用
ufocrash_04.jpg
画像は「YouTube」より引用

 確かに、三角形型UFOらしきものがハッキリと写っているではないか! 機体後方の砂塵の乱れは着陸時の衝撃によるものだろうか? いずれにしても、無事に着陸したというよりは、何らかのトラブルが発生し緊急着陸したかのような印象を受ける。「UFOvni2012」によると、全長はなんと190m! 一般的なスペースシャトル(40~60m)の3~4.5倍ほどもあるとなると、人類が製作したものとは考えにくい。すると、やはり人類と同じように火星調査(侵略?)に訪れた地球外生命体か、古代火星人の宇宙船ということだろうか?

関連キーワード

MSSS
NASA
UFO

コメント

2:匿名2016年11月24日 17:25 | 返信

CGを被せて見せるから馬鹿にされるのにねw ありのままで勝負できないところがオカルトだと自ら証明しているようなもの。

1:匿名2016年11月24日 15:15 | 返信

CG処理が不自然じゃないかな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。