>  > 紅白選考の裏で“バーニング切り”のクーデター勃発中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

NHK

,

籾井勝人

,

紅白

momii1130.jpg
画像は、NHK公式ページより

 大物歌手・和田アキ子が落選するなど、一気に世代交代が進んだ暮れのNHK紅白歌合戦。和田のほかにも、常連だった演歌歌手の伍代夏子や藤あや子などが落選し、細川たかしは落選隠しの卒業発表に追い込まれた。NHKの狙いは明快で、マンネリ感の打破。紅白の視聴者層は主に高齢者と言われているが、それでは向こう10年、20年続かない。悪い言い方をすれば、今回の人選は「年寄り視聴者を見切り、いまの若者に紅白を浸透させるのが狙い」(音楽関係者)という。そう考えれば、和田や演歌歌手の相次ぐ落選も納得がいくだろう。

 裏テーマもある。今回の“若返り紅白”を先導したのは、NHKの籾井勝人会長と言われている。そして若返りに必要なのは、紅白の選考に口を挟む大手芸能プロダクションの“排除”だ。事情を知る関係者の話。

「ようは“芸能界のドン”こと周防郁雄氏率いるバーニングプロダクションの影響力を弱めようという話です。バーニングと言えば『週刊文春』(文藝春秋)でレコード大賞をめぐる“1億円騒動”が報じられましたが、紅白に対しても大きな影響力を持ちます。毎年『演歌枠は○人』だとか『この子は出せ』などと指示が飛び、それがマンネリ化の原因のひとつになっていました。今年はそこにメスを入れた」

関連キーワード

NHK

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。