>  >  > 「ぐるぐるUFO」がシャスタ山で激写される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 白昼堂々、アメリカの複数地域でUFOらしき未確認飛行物体が撮影されていたことが判明。海外メディアも「これまでで最も奇妙なUFOかもしれない」と、不可解すぎる物体に困惑を隠しきれない様子だ。

 英紙「Express」によると、問題の画像は米カリフォルニア州シャスタ山で撮影されたもので、匿名の撮影者が今年4月25日に、「MUFON(相互UFOネットワーク、米国カリフォルニア州に本部を置く世界最大のUFO研究機関)」に投稿したそうだ。

 撮影者によると、撮影時の上空に特に変わった点は無かったという。

「カリフォルニアからワシントンまでドライブしてる最中に4枚の写真を車から撮影しました」(撮影者)
「運転中でしたので、よくは見ていませんでした。この4枚の写真を見つけたのは、携帯のデータ容量を減らすために画像を削除していた時です」(同)
「これが地球外生命体とは言いませんが、これまでに見たことがないものであることは確かです」(同)

 撮影者自身も「これまでに見たことがない」と語る物体とは一体どんなものなのだろうか? 早速、問題の画像を見ていこう。

californiaufo1129_01.jpg
画像は「MUFON」より引用
californiaufo1129_02.jpg
画像は「MUFON」より引用

 ほのぼのした画像の奥になにやら奇妙な物体が写っているではないか! これほど綺麗な円を描く半透明の物体に、日常で遭遇することがあるだろうか? これは円盤型UFOの一種と見て間違いないのではないだろうか?

 「MUFON」は現在もこの物体の確定作業に追われているようだが、一足先に「Express」紙が、UFO画像・映像の分析家スコット・ブランド氏に独自取材を敢行。これまでに本物のUFO画像は1つも見たことがないと豪語するブランド氏によると、この画像の物体もUFOではない可能性が高いという。

「窓越しに撮影された写真ですから、車内の光か、コップの上部分が反射して写ったんでしょうね」(ブランド氏)

 とはいえ、ネット上では「UFOポータル」の可能性も指摘されている。確かに、ここ最近目撃情報が増加傾向にある「異次元ポータル」とも類似点は少なくないようだ。画像の真偽が確定していない以上、次元間移動を可能にする異次元ポータルが再び出現した可能性も排除し切れないだろう。

californiaufo_03.jpg
今年10月にカリフォルニアに出現した異次元ポータル「YouTube」より引用

コメント

1:匿名2016年11月30日 17:51 | 返信

ちゃんとコップの形そのものが写り込んでいる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。