>  >  > 東北に実在した“少女版・SEXお遍路”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
奇習! 売春しながら旅をする思春期の少女たち ― 東北に実在したという“少女版・SEXお遍路”

【日本奇習紀行シリーズ】 山形県  1972年に公開された日本映画『旅の重さ』では、実家を飛び出した16歳の少女(演・高橋洋子)が、旅先で出会う大人たちとの時間で、さまざまな体験をし、少しずつ大人へと成長していく姿が描かれているが、こうした少女たちによる“一人旅”が、かつて山形県を中心とした東北地方の一部地域に存在していたという。しかしそれは、単なる“一人旅”ではなく、今で言うところの“援交...

スーパーフードの王様 マヤ文明の知種(チアシード)