>  >  > 奇習! 崖から飛び降りながら射精する少年たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
bungy.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 富山県沿岸部

 世の中には実に奇妙な風習があるもので、そうしたものの多くは、実際に行為に参加している者たちですらも意義が理解できないものや、なぜそのような行為が生まれ、定着していったのかさえもわからないものなどが大半である。かつて、富山県の沿岸部で行われていたという“種掛け”の儀式は、まさにそうした“理解に苦しむ奇習”のひとつだ。


「まあ、あのあたりじゃみんな当たり前のように参加してましたけれども、今にして思えば、なんともおかしな風習ですよね」


 自らが参加者であった当時を振り返りつつ、その“理解に苦しむ奇習”についてそう語るのは、同県高岡市に住むという元教員・清田洋一郎さん(仮名・68)。清田さんの話によると、彼が生まれ育ったという同県沿岸部に位置する某地域では、年頃の少年たちが屋外で射精し、その際に出た精液を、崖に立つ地蔵に掛けるという、なんともおかしな風習が定着していたという。


「私が物心ついたときにはね、もうみんなやっていたことだから、正直なところ、詳しいことはわからないんですけれども、(その儀式は)“種掛け”とかっていう呼び方でしたね。近くにね、地元では知られた小さな崖があるんですが、そこにはね、50cmくらいかなあ、あまり大きくない地蔵があって。そう、崖の真ん中くらいのところにね。それでもって、地元の子どもたちはね、その崖の上に立つ大きな木にロープを結んで、それを自分の命綱として片足につけましてね、崖の上から飛び降りるんですよ、次から次へと。そのときに、“ここだ!”っていうタイミングで射精する、と。そうすると地蔵にかかるでしょ?運が良ければ。でもなかなか難しいものだから、みんなでそれを競い合うっていう話です」

コメント

7:匿名2017年11月23日 14:50 | 返信

何故に富山県だけ名指し??
なんか富山に恨みでもあんのか??

つーか、荒縄でそんなオナバンジーまじでできるもんなのか、
身をもって検証しながら記事書くといいよ。
現場に来た事も、まともな筋に取材したこともないのがバレバレでクソワロタww

6:匿名2017年2月 1日 00:00 | 返信

戸叶和男の記事一覧見て絶句
風説の流布、風評被害でそろそろ通報するから

5:匿名2016年12月20日 12:19 | 返信

地元だけど、富山高岡にそんなくだらない奇習は存在しないし、過去にも存在し無い。
いい加減な記事をでっち上げるな。どあほう。

4:匿名2016年12月14日 00:48 | 返信

 世の中には実に奇妙な風習があるもので、そうしたものの多くは、実際に行為に参加している者たちですらも意義が理解できないものや、なぜそのような行為が生まれ、定着していったのかさえもわからないものなどが大半である。

このところ、この文言に甘えた文章ばかりだな。
まあ、閲覧無料のサイトに多くは求めんよ。
ビジネスジャーナルの捏造の件で原稿料の安さは明らかになったし、褒めるコメントは皆無でなんか可哀想だしな。


3:匿名2016年12月12日 00:38 | 返信

だんだん話がいい加減になってきてるw
そもそも昔の話みたいに書いてるけど、今の60代、70代の子供時代って割と現代に近いよ?w
村での風習が……みたいな話が出てくるのは、もう今じゃ90代後半くらいの人達になってるはずだよw
60とか70じゃ戦後生まれとかじゃんw
村の風習なんて話を持ち出してくるには無理のある時代だよw

2:匿名2016年12月11日 22:28 | 返信

無理な話でわ?w

1:匿名2016年12月11日 19:20 | 返信

クソワロタw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。