>  >  > 生きた人間の肝臓を村人全員で貪る伝統

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
elixir.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

【日本奇習紀行シリーズ】 鳥取県南部

 かつて、中国では不老長寿を目指す仙術を引き起こすアイテムとして「仙丹」を、同様に、欧州では多くの錬金術師が「エリクサー」を生み出さんと研究に研究を重ねてきたが、これらの“奇跡”を生み出すためのアイテムは、それを構成する物質もまた、神秘性を感じさせるものが数多く用いられる。とりわけ、金属でありながらも、まるで水のように揺れ動く水銀は、その特異性ゆえに、こうした不老長寿などの効果をもたらす秘薬の成分とされていたという。しかし、古代中国の名だたる王たちが相次いで水銀中毒死したり、錬金術師でもあったアイザック・ニュートンが、その晩年に水銀中毒により衰弱状態となったことからもわかるように、その材料の大半は、効果どころか災禍をもたらすものであったのが実情である。

 さて、そんな不老長寿を生み出す“奇跡の秘薬”を求める動きは、かつて我が国でも巻き起こっていた。いつの時代も、あからさまに怪しい代物ばかりが時の権力者を中心に“嗜み”の対象として用いられてきたが、そうした中で、とりわけ不可解なアイテムの1つであるといえるのが、生きた人間の肝臓である。


「普通に考えればまともじゃないけどもね、私らが子どもの頃には、そういうことが昔あったとよく聞かされたものですよ」


 鳥取県の北西部に位置する、とある市に住む無職・山本清一郎さん(仮名・72)は、そうした秘薬に関する伝承を知る数少ない人物の1人だ。山本さんの話によると、彼がかつて暮らしていた県南部のとある集落では、室町時代の初期頃(推定)から、生きた人間の肝臓を不老長寿の秘薬として食する習慣があったという。


「まあ、言ってしまうと、くじ引きをして負けた人間が、生きたまま肝を取り出されるっていう話です。それを村人全員で食べるという。それだけの話なんですけどね」

コメント

2:匿名2016年12月18日 00:07 | 返信

横長の鳥取県の北西部や南部ねえ

1:匿名2016年12月14日 15:41 | 返信

中世から近世に移行する際に生活様式が変わったため、日本の8割方の町や村は古くても戦国時代くらいまでしかさかのぼれんねん。
「室町初期」とか微妙な古さを持ち出すと限られてまうし、揚げ足とられかねんで。
次からは気をつけて執筆がんばってな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。